タグ

タグ:SLE

タイの国内旅行事情 ルッコラの日常 8月4日〜12日

カテゴリ:
週末から4泊5日でサムイ島に旅行に行ってきました。
タイは、今、国内旅行がさかんになりつつあり、ホテルなどの観光業界も様々なプロモーションをしかけています。この週末は、タイ在住のインスタグラマーさんたちの投稿に、旅行のPR案件を多く見かけた気がします。


<<現在のタイの新型コロナウィルス感染状況は>>

8月11日時点で国内感染者ゼロの状態を78日連続達成

引き続き、非常事態宣言中で、外国からの観光客は受け入れていません。
タイに住まわせていただいている我々も、応援消費!という大義名分と、深刻な時期は脱したので、旅行でもしたいなあー、という欲望と、夫の仕事の調整と、マッチしたので、行ってまいりました。


<<ホテルのコロナ対策>>
IMG_1729
・到着時の検温、手のアルコール消毒

・従業員は全員マスクを着用。合わせて飲食店のスタッフは手袋をしていました。
IMG_1680
・朝食のビュッフェは、ヨーグルトなどパックされているものは、セルフサービスでしたが、基本的にはセルフではなく、スタッフがサーブしてくれる仕様になっていました。

IMG_1781
IMG_1848
・レストランの座席はショッピングモール等のレストランに比べて、広めにディスタンスがとられた配置

・ホテルの廊下、ロビー、レストラン、バー、全てオープンエアで換気は抜群。
FullSizeRender
・各部屋にはアルコールウエットティッシュとハンドジェルが用意されていた

と、対策もきちんとされていて、安心して滞在できました。
スタッフは常にマスクをしていましたが、お客さんは、ホテル内ではマスクを外している人も多かったです。


ホテルは、山というか丘のうえにポツンと立っているホテルで、近くにコンビニや繁華街もなく、とっても静かな場所でした。
4泊5日の間、一歩もホテルの外に出ず、ゆっくりできましたよ。
IMG_1655IMG_1722
IMG_1709
IMG_1785
IMG_1846
IMG_1847
IMG_1804
滞在中、昼寝や食事やプールにつかっているだけでしたが、元気玉としてプレドニンも服用しました。

初日にプレドニン5mg、4日は1mgずつ飲みました。これで手持ちの1mg錠が終了。タイでは1mg錠を扱っていないそうなので、これから先は、5mg錠を割って対応するか、、、、ですね。
日本で手に入る5mg錠は割れ目がついていて、爪でも簡単に半分で割れますが、タイの5mg錠はそうはいかず。何かちょうどよいグッズがないか模索中です。


ここ数年は、無理のない旅行を心がけていますが、今回はいつも以上にゆったりできました。
予定通り3月に本帰国していたら、実現しなかった旅行でもあります。不思議な縁ですね。

さあ、今週も淡々と。


【8月9日〜12日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg  プレドニン1mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg   プレドニン1mg

【8月8日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg  プレドニン5mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg   プレドニン5mg


【8月5日〜7日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg 
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg   


【8月4日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg プレドニン5mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg   プレドニン5mg
※口内炎のためプレドニンを服用



☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

口内炎と筋肉痛と ルッコラの日常 7月28日〜8月3日

カテゴリ:
さあ、また新しい1週間の始まりです。今週も淡々と。

久々にひどい口内炎ができてしまって、食事のときに塩味や酸味がしみて、とほほです。
プレドニンを服用しながらあとは、塗り薬で対応しています。

塗り薬は以前、病院で処方していただいたこちら↓
IMG_4989
Lonnagel 
塗り薬
効能:炎症を抑える

早く治りますように。

口内炎以外にも週末、筋肉痛に悩まされてました。とくにひどいのはふくらはぎ。
マッサージ屋さんで、優しく揉まれても、ひいいいーーーとなってしまうくらい(笑)

筋肉痛の原因は、「エア縄跳び」
日々のわずかな筋トレメニューも、さぼりがちだし、マンネリ化もしてきた。そこで、何か人と一緒にやってる感があるものやりたいなあ、でも、エクササイズ系のオンラインサロンに入会するほど本気でもなく。。。というところでYouTubeを徘徊しながら見つけました!

エア縄跳びですので、縄は不要です(笑)


いやー、想像以上にキツかったです。最初なんで物珍しさでがんばってしまったら、かなりの筋肉痛に。これまた、いつもの私らしく、にわかブームで終わるかもしれませんが、この動画は楽しかったです♪

さあ、今週も淡々と。週末は国内旅行に出る予定です。楽しみ〜。では、また。



【8月3日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg   プレドニン5mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg   プレドニン5mg
※口内炎がひどく、プレドニンを服用


■食事
朝:
トースト

昼:
ツナ、トマトサンド

夜:
白米
餃子
豆腐とわかめと長ネギの味噌汁


■運動
プランク0秒
ワイドスクワット0回
ヒップリフト0回×2
バックキック0回×2
ヒップアブダクション0回×2
腹筋0回

エア縄跳び

■体重
前日より0.4kg増  目標体重に対して+2.7kg

■間食
なし



【8月2日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
トースト、バナナ

昼:
焼うどん(豚バラ肉、長ネギ、にんじん、パプリカ、しいたけ、うどん)


夜:
※外食
焼き鳥(もも、むね、手羽先、つくね、なんこつ、せせり)
砂肝刺身
シーザーサラダ
いぶりがっことクリームチーズ

ビール×1
ハイボール×1
日本酒×1

晩酌:
白ワイン×1


■運動
プランク0秒
ワイドスクワット0回
ヒップリフト0回×2
バックキック0回×2
ヒップアブダクション0回×2
腹筋0回
※ひどい筋肉痛を言い訳におやすみ

■体重
前日より増減0kg  目標体重に対して+2.3kg

■間食
メロンパフェとパッションフルーツパフェをシェア



【8月1日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝&昼:
トースト
ヨーグルト


夜:
※外食
レバニラ炒め
エビチリ
チャーシューサラダ(チャーシュー、キャベツ、トマト)
坦々麺

ビール×2

晩酌:
白ワイン×1


■運動
プランク0秒
ワイドスクワット0回
ヒップリフト0回×2
バックキック0回×2
ヒップアブダクション0回×2
腹筋0回
※ひどい筋肉痛のためおやすみ


■体重
前日より0.1kg減  目標体重に対して+2.3kg

■間食
チョコ菓子


【7月31日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
トースト

昼:
鮭と大葉とゴマの混ぜご飯

夜:
白米
餃子
ルッコラのサラダ(ルッコラ、メロン、ミニトマト、アーモンド)
豆腐とオクラの味噌汁
※ひとりごはんは冷凍餃子になりがち〜


■運動
プランク0秒
ワイドスクワット0回
ヒップリフト0回×2
バックキック0回×2
ヒップアブダクション0回×2
腹筋0回

ラジオ体操
エア縄跳び


■体重
前日より0.2kg減  目標体重に対して+2.4kg

■間食
チョコ菓子


【7月30日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
トースト

昼:
白米
納豆、キムチ
ほうれん草とツナと塩昆布和え

夜:
白米
煮込みハンバーグ(ハンバーグ、トマトソース、しめじ)
ルッコラのサラダ(ルッコラ、メロン、ミニトマト、アーモンド)


■運動
プランク20秒
ワイドスクワット15回
ヒップリフト15回×2
バックキック15回×2
ヒップアブダクション15回×2
腹筋10回


■体重
前日より0.2kg減  目標体重に対して+2.6kg

■間食
チョコ菓子



【7月29日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
トースト

昼:
お弁当(豚肉の炭火焼、ジャスミンライス、野菜炒め)

夜:
白米
鶏もも肉とゆで卵の煮物 ブロッコリー
ほうれん草とツナの塩昆布和え
トマトときゅうりの胡麻和え
じゃがいもと玉ねぎと絹さやの味噌汁


■運動
プランク20秒
ワイドスクワット15回
ヒップリフト15回×2
バックキック15回×2
ヒップアブダクション15回×2
腹筋10回


■体重
前日より増減0kg 目標体重に対して+2.8kg

■間食
チョコ菓子


【7月28日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
トースト

昼:
納豆チャーハン(白米、納豆、小松菜、卵)

夜:
※外食
刺身(ぶり、シメサバ、炙りシメサバ、イカ)
あじのたたき
牛タン
いくらの釜飯

ビール×1
日本酒×1

りんご


■運動
プランク0秒
ワイドスクワット0回
ヒップリフト0回×2
バックキック0回×2
ヒップアブダクション0回×2
腹筋0回
※また完全にサボってしまった。。。

■体重
目標体重に対して+2.8kg

■間食
チョコ菓子

☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

急遽引っ越し ルッコラの日常 7月21日〜27日

カテゴリ:
タイトルの通り、急遽、引っ越しをしました。
金曜日の朝、「トン、トン、トン、、、」という音で目が覚めて。何かと思ってリビングにいくと、、、天井から水が落ちてきているではないですか!
火災報知器の隙間や天井の照明の隙間など、複数箇所から漏れていました。明け方から降っている大雨の影響かと思います。


住まいのフロントに報告すると、担当のスタッフがまだ出勤していないから8時まで待って、とのこと。洗面器を置いたり、バスタオルをしいたりと応急処置はするものの、天井のしみがみるみると広がっていて、漏れてくる箇所が増えつつあり、でドキドキ。
たまたま、水漏れしている場所には、ソファなどの家具もなく、フローリングに漏れていってくれてたのが不幸中の幸いです。パソコンの真上とかだったら、とほほですね。

スタッフにきてもらったのは9時くらい。大雨のせいで、道路が冠水し、普段よりも通勤も遅れがちだったようです。

業務用の掃除機で天井の水分を吸い取り、天井に新しく小さな穴をあけて、天井裏に残った水分をぬく、といった処理でした。


私たちの住んでいた部屋は、建物全体としては、最上階ではないものの、建物のデザイン上、上がルーフトップになっていて、そこにたまった水が天井裏に浸水してしみてきてしまったようです。
ってことは、根本的な対策をしない限り、また大雨があったら、浸水する可能性あり。しばらく雨季も続くし、、、ということもあって、部屋を移動させてもらうことにしました。

予定通り本帰国をしていたら、とくに大きなトラブルのない部屋でしたが、それ以降に、ネズミを捕獲すること累計4匹、リビングのエアコンの故障、洗濯機の不調、等々、少しずつトラブルが続いて、ちょっと心が折れたというのもあります。

それに、天井の構造に根本的な解決がない限り、また水漏れリスクもありますしね。

とういうことで、午後には空いている部屋の内見をし、2つの候補のうちのひと部屋に決め、夕方からチマチマと荷物の移動をはじめました。
コンドミニアムのスタッフも手伝ってくれるとのことでしたが、仕分けや取り扱いが気になるものを先に自分たちで運ぼうと思っているうちに、ほとんどを運び終えました。

小休憩のあと、残るは、食器と調理器具だけ、やってしまおう!と思っていたときに、まさかのトラブルが発生します。


引っ越し先の部屋に入れない!!
突如カードキーが効かなくなりました。いつもだったら、フロントでカードキーをリセットしてもらうと解決するのだけれども、今回はそうならず。

どうやら、カードキーのドア側のエラーのようで、すぐには直せないとのこと。
もしかしたら、窓を壊さないといけないかもしれない。しかも、対応できるスタッフがすでに帰路に向かっているとのこと。

よかったら、もうひとつの部屋の方で今夜は過ごしますか?といったような提案をもらったのだけれども、すでにほとんどの荷物を移動済みで、新しい部屋に入れないと、着替えもできなければ、メイクも落とせない!となんとかお願いをし、スタッフが戻るのを待つことにしました。

そうなんです、服も薬も、コンタクトも全部、新しい部屋に入っていて、汗だくになったタンクトップとラフなズボン姿だったのです。
幸いにも、お財布とスマホだけ手元にありました。


やきもきしながら待って、21時ごろやっと部屋に入れました。
カードキーのドア側のバッテリー切れが原因だったのですが、その電池交換は内側からしかできないので、ドリルでドアに穴を明けて、アナログでドアノブを回してあけたのでした。
これって構造的にどうなんでしょうね。これから先も同じトラブルが起こりうるような。。。

前の家でも、金庫のバッテリー切れであかなくて困ったことがありました。電池交換も内側からしかできない構造で、バッテリーの残量が少ないかどうかを外側から知る術もなかったのです。


と、また起こりうるトラブルも少し気になりつつも、現地の流儀に従いスルーして(笑)ひとまず部屋に入れたことに感謝しました。

その日は、さくっと外にご飯を食べにいって終わりにしました。
次の日に食器と調理器具をスタッフに手伝ってもらいながら運び、月曜日に浄水器の移動を業者さんにやってもらい、完了しました。

なんだか、同じ物件でも部屋を変わると気分が変わりますね♪
今回は上の階にも部屋があるので、同じ理由の水漏れは免れるはず!!

さあ、今週も淡々と。



【7月27日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg ロキソプロフェンNa錠60mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg ロキソプロフェンNa錠60mg


■食事
朝:
トースト

昼:
ツナとブロッコリーのパスタ

夜:
※デリバリー
マルゲリータ
カプレーゼ
ポークチョップ


■運動
プランク0秒
ワイドスクワット1回
ヒップリフト0回×2
バックキック0回×2
ヒップアブダクション0回×2
腹筋0回


■体重
未測定

■間食
なし


【7月26日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg プレドニン5mg  ロキソプロフェンNa錠60mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg プレドニン5mg  ロキソプロフェンNa錠60mg


■食事
朝:
トースト
ヨーグルト

昼:
チャーハン(ベーコン、長ネギ、卵、白米)
りんご

夜:
※外食
きつねうどん
かき揚げ
とり天

ビール×1

晩酌:
白ワイン×1


■運動
プランク0秒
ワイドスクワット0回
ヒップリフト0回×2
バックキック0回×2
ヒップアブダクション0回×2
腹筋0回


■体重
目標体重に+2.6kg

■間食
チョコ菓子


【7月25日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
トースト


昼:
※外食
ミックスフルーツサンドセット(フルーツサンドイッチ、季節のフルーツ、ジュース)
ハム&チーズのホットサンドセット(フルーツ)
をシェア
コーヒー

夜:
※外食
ローストビーフ
たたき
カルビ三種盛り
備長炭ミスジ
ハラミ
白菜キムチ

ビール×1
ハイボール×1

晩酌:
白ワイン×1


■運動
プランク0秒
ワイドスクワット0回
ヒップリフト0回×2
バックキック0回×2
ヒップアブダクション0回×2
腹筋0回
※ハプニングが起きて、失念

■体重
未測定

■間食
なし



【7月24日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
トースト
バナナ

昼:
鶏肉と野菜蒸し(鶏もも肉、かぼちゃ 、ズッキーニ、にんじん、玉ねぎ)

夜:
※外食
つけ麺


■運動
プランク0秒
ワイドスクワット0回
ヒップリフト0回×2
バックキック0回×2
ヒップアブダクション0回×2
腹筋0回
※ハプニングが起きて、失念

■体重
未測定

■間食
チョコ菓子


【7月23日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
トースト

昼:
白米、納豆、キムチ

夜:
グラタン(じゃがいも、ベーコン、玉ねぎ)
鶏肉と野菜蒸し(鶏もも肉、かぼちゃ 、ズッキーニ、にんじん、玉ねぎ)
バケット


■運動
プランク20秒
ワイドスクワット10回
ヒップリフト15回×2
バックキック15回×2
ヒップアブダクション15回×2
腹筋10回


■体重
前日より0.3kg増 目標体重に対して+1.8kg

■間食
なし


【7月22日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
トースト

昼:
ツナおにぎり

夜:
白米
鮭のお酢蒸し(鮭、長ネギ)
鶏胸肉のチーズ挟み焼き(鶏胸肉、トマトソース、キャベツ、きゅうり、ミニトマト)←ミールキット
焼きなす←ミールキット
カレー風味のマカロニサラダ(マカロニ、玉ねぎ、きゅうり、ゆで卵、ベーコン)←ミールきっと
じゃがいもと絹さやと玉ねぎの味噌汁

スイカ


■運動
プランク20秒
ワイドスクワット10回
ヒップリフト15回×2
バックキック15回×2
ヒップアブダクション15回×2
腹筋10回


■体重
前日より0.7kg減 目標体重に対して+1.5kg

■間食
チョコ菓子



【7月21日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
トースト

昼:
枝豆&塩昆布ごはん
焼鮭

夜:
白米
豚バラ肉の野菜巻き(豚バラ肉、しめじ、トマト、オクラ、ズッキーニ、ウィンナー、ネギ、アスパラ )
カレー風味のマカロニサラダ(マカロニ、玉ねぎ、きゅうり、ゆで卵、ベーコン)
さんまの蒲焼
油揚げと小松菜の味噌汁
※おかずはミールキットを使って楽ちんに


■運動
プランク20秒
ワイドスクワット10回
ヒップリフト15回×2
バックキック15回×2
ヒップアブダクション15回×2
腹筋10回
体操

■体重
前日より0.3kg減 目標体重に対して+2.2kg

■間食
なし

☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

調理革命の第一弾 ルッコラの日常 7月16日〜20日

カテゴリ:
さあ、新しい1週間の始まりです。今週も淡々と。

唐突ですが、我が家、いつ本帰国するかわからないこのタイミングでトースターを買いました。タイに渡ってからずっとトースターがないまま、トーストはフライパンで対応し続けてきたというのに、ここに来てなぜに?というのは、先日も紹介した

『勝間式ロジカル超ロジカル料理』

の影響です。

「私は洗濯板で洗濯するのをやめ、洗濯機を使うのだ!と思ったのです。

なんのこっちゃと思ったかたはこちらの引用⇩と過去記事を。
今の一般的な料理法は、洗濯でいえば、洗濯板でやっているようなもので、忙しくて時間がない人にはハードルが高すぎます。


料理はもっと家電という道具に頼ろう!と考えたのです。
ただでさえ、家事の中で進化しなかった料理において、我が家はタイに渡る前よりも、道具に関しては後進した状態でした。


我が家の調理を取り巻く状況はこんな感じでした。

・炊飯器がない。
・トースターがない。
・魚焼きグリルはない(まあ、これはタイのキッチンでは一般的)
・電熱式コンロ


炊飯器はちびくろちゃんという電子レンジ用の炊飯器で対応していました。



炊飯器を買うまでのとりあえず、のつもりが、ずっとズルズルと来てしまったのです。これを買うまでは、フライパンでお米を炊いていました。

ちびくろちゃんでは、予約や保温はできないので、浸水時間や蒸らし時間はタイマーでアナログ管理。
お米の種類によって水分量を工夫すれば、炊き上がりも安定してきましたが、炊き込みご飯などは食材によっての水分の扱いが難であきらめてしまいました。

炊飯器も多少は水量の調整は必要ですが、それでも、「ちょっとくらいなら、炊飯器がなんとかしてくれる」じゃないですか?(笑)それが、ちびくろちゃんにはできません。

トースターもないまま、食パンはフライパンでチマチマと焼いていました。備え付けの電子レンジにはトースター機能がないのですよ。コンロの加熱時間を待ち、フライパンで片面3分くらいずつかけて、やっていました。

魚焼きグリルがない。それなので、フライパンで焼いていました。キッチンタイマーで時間を測りながら、西京焼きなどは焦がさないようにチマチマと見張りながらやっていました。(まあ、グリルがあったとしても、グリルを掃除するよりは、とあえてフライパンを使うシーンもあるかもしれませんが)

こうして考えると、フライパン万能だなあ!!

そして、最大の悩み、電熱式コンロ。

画像はここからお借りしました(https://urbanland.co.th/sukhumvitter/metropole-residence-bangkok)

ちょっと見づらいですが、画像の右側部分のような円形の電熱式コンロです。タイでは一般的なようですが。

2口コンロではあるものの、壁と奥側のコンロの距離が近すぎなのと、コンロ同士が近すぎなのもあって、大きさによっては鍋同士がぶつかり、同時に調理器具を火力の中央に置けない。加熱ムラが出てしまうものは、同時加熱できない。温め直し程度だったら無理やり置くんですけどね。


電熱式なのでコンロそのものの加熱に時間がかかるが、一度あがったら、ノズルで火力を下げても温度が下がりにくい。
IHもあがりにくいけれども、下げたらすぐ下がりますよねー。電熱式はそうもいかないんですよね。

とはいえ、加熱に勢いがないと、温度がなかなかあがあらない。
もうね、一生強火か一生弱火なんですよ(言い過ぎw)!!

強火から中火とか、中火から弱火とか火力の移行がなかなか難しい。コンロから外したり、鍋を持ち上げて調整したりとかしています。
油断すると焦がしたくないみりん干しや西京焼きは焦げるし、沸騰させたくない味噌汁はグツグツいっちゃうし、なので、火力を見張っている時間が長いんですよねー。

鍋でお湯をわかすのも時間がかかるので、お味噌汁をつくるときやパスタを茹でる時は、ポットで沸かしたお湯で応援します。


という感じで、道具不足の他に、加熱に難ありで、凝ってもいない献立を用意するのに、日本にいるときよりも時間がかかりがちでした。
まあ、カレーをひとつのコンロで作って、米をレンジで炊いて、サラダは生野菜で、、、とすれば、加熱待ちがないので、スムーズなのですが、いつもそういう風にぴったりとハマる献立にするのもなかなか。。。

ということで、加熱に関して、トースターで応援してもらおう!と思って購入に至りました。3,000円台の手頃なものなんですけどね。

もっと、早く買ってもよかったのですが、

なくてもなんとかなるものであれば、時間がある私が労力でカバーして、節約しよう

と思っていたんですよね。
でも、

体力に自信のない私は、元気でいられる時間が少ない
忙しい人と同じ水準で時短や効率を考える必要があるのではないか


と考え直したのです。
それに、技術でカバーしなければ、と思っていたのが、技術がないなら道具で改善しよう!とも思いました。同じ環境でももっとうまくやれる人もいるのでしょうけれど、私は道具に頼りたい。

もちろん、道具を増やす時は、コスパや家計も考えます。


トースターは最初は、付属のレシピ通りの設定温度で食パンを焼きましたが、焦げ目もつかず、水分が飛んでパサパサ。美味しくありませんでした。
焦りましたー。フライパンの方がよかったとか?と。でも、レシピよりも高温で短時間で焼くようにしたら、いい感じだったので、まずは第一関門突破。
グラタンもいい感じにできたので、かなーり嬉しかったです。メインディッシュを家電で加熱できたら助かりますよね。


勝間さんの本に話を戻すと、本の中でも紹介していましたが、水島弘史さんと浜内千波さんの本を参考にされたそうなので、私も読んでみました。






それらを総合して考えると、勝間式超ロジカル料理というのは、ざっくりいうと、

食材の切り方の工夫と加熱を調理家電に任せることにより、うまい料理の再現性を効率よく高めていく

ということでキーになるのは

蒸し料理と無水料理

を極めること、と解釈しました。

ヘルシオのウォーターオーブンもホットクックも高額なので、夫に相談してみると、、、乗り気でした!そーいえば、夫は家電をテーマにしたバラエティ番組とか、好きなタイプでした。逆に私が無頓着だったので、驚かれもしましたが。

よーし、帰国したらヘルシオのウォーターオーブンとホットクックを購入するぞ!と息巻きながら、ヘルシオとホットクックに関する、勝間さんのYouTubeを繰り返しみました。
そして、ちょっと待てよ?と我に返らせてくれたのが、この動画です。


『Q&A 勝間和代さん、ヘルシオとホットクック、どちらか片方だったらどっちを買えばいいですか? また、型番は何を買えばいいですか?』

要約すると

ヘルシオは、
・プロ並みの美味しい料理を作りたい人におすすめ
・使いこなせないと、温め機能だけを使う高額な電子レンジになる
・お手入れが大変

ホットクックは、
・火加減を見張らなくてよし、食材を入れれば出来上がるし、タイマーもかけられるので、手間暇をを省きたい人におすすめ
・メンテナンス簡単。
・カレーやシチューなどスープ系は得意だが、炒めものや煮物は得意ではない。

とのことでした。


「使いこなせないと、温め機能だけを使う高額な電子レンジになる」
「お手入れが大変」
という言葉にひるみました(笑)

「高額な電子レンジ」なりそうな気がバンバンする。「お手入れが大変」聞きたくない言葉!!(笑)

さらには、バンコクの家電売り場でホットクックの現物を見たら予想以上の大きさにも、ひるみました(笑)ネットの口コミで大きいとは書いてはあったのですが、なかなか場所とりそう。住む部屋のキッチンによっては、置き場所ないかもなあ、という不安。

ってことで、最終的にヘルシオとホットクックにたどりつくかもしれないけれども、まずはヘルシオに限らずベストな家電があるかを探ろう、と思いました。

今、目をつけているのが

バリュミューダのスチームトースター

見た目もいいし、サイトのメニューもお洒落だし美味しそう。オーブン機能もそこそこカバーできそう。とにかく欲しい!(笑) 

バーミキュラのライスポット

見た目問題、大きさ問題クリア。
炊飯器と無水鍋を兼任してもらえば、スペース問題に貢献しますね。


普通に電子レンジ
具体的に商品をしぼってないので表現が雑ですが、トースターの機能が充実していれば、電子レンジは普通に温めができればいいのかもしれないなあ、とも考えています。


今、とくに鼻息荒くなっているのが、ライスポットですね。
お米も玄米も美味しく炊けそうだし。ライスポットで無水カレーとかつくってもいいかな、と。

でも、そのときお米どうすんのよ?炊飯器がうまっちゃうし、と思ったのですけれども

「ちびくろちゃんがあるじゃゃないか!」と(笑)

結局、私はちびくろちゃんを手放せないのかしら。
いやー、1,000円以下で優秀な子ですよ、ちびくろちゃん。

そして、もうひとつキーになる蒸し料理。我が家は魚のホイル焼き以外には、蒸し料理をあまり活用していませんでした。ひとまず、浜内千波さんのレシピを参考に蒸し料理がしっくりくるか実験をしたいと思います。
玉ねぎとズッキーニの蒸し焼き、無水肉じゃが、フライパンでつくるゆで卵、あたりはいい感じでした。

なんだかんだ、とちびくろちゃんとフライパンを手放せない私ですが(笑)
引き続き、トースター料理と電子レンジ加熱、フライパン蒸しを研究していきたいと思います。
脱!洗濯板!!




【7月20日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
トースト

昼:
※テイクアウト
ひき肉とサトー豆の炒めもの
ジャスミンライス


夜:
ポテトグラタン(じゃがいも、玉ねぎ、ベーコン)
※ひとりごはんなので、副菜なし!笑

■運動
プランク0秒
ワイドスクワット10回
ヒップリフト0回×2
バックキック0回×2
ヒップアブダクション0回×2
腹筋0回

■体重
前日より+0.6kg 目標体重に+2.5kg

■間食
フラペチーノ


【7月19日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
トースト

昼:
※外食
ラオスサンドイッチとパッションフルーツパフェをシェアで
チェンライコーヒー


夜:
※デリバリー
お寿司

ビール

晩酌:
生ハム、サラミ、チーズ
クラッカーにバター

スパークリングワイン×1


■運動
プランク0秒
ワイドスクワット10回
ヒップリフト0回×2
バックキック0回×2
ヒップアブダクション0回×2
腹筋0回

■体重
目標体重に+1.9kg

■間食
アーモンド小魚



【7月18日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
トースト
キウイのヨーグルトがけ

昼:
納豆パスタ(納豆、しめじ、のり、小ねぎ)

夜:
※外食
豚骨ラーメン
餃子

ビール

晩酌:
生ハムメロン
クラッカー

赤ワイン×1


■運動
プランク20秒
ワイドスクワット10回
ヒップリフト15回×2
バックキック15回×2
ヒップアブダクション15回×2
腹筋10回

■体重
測定を失念

■間食
なし


【7月17日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
トースト

昼:
台湾おにぎり

夜:
白米
豚肉とキャベツの蒸し炒め
具沢山味噌汁(じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、キムチ)



■運動
プランク20秒
ワイドスクワット10回
ヒップリフト15回×2
バックキック15回×2
ヒップアブダクション15回×2
腹筋10回

■体重
前日より0.1kg増 目標体重に対して+2.5kg

■間食
ゆで卵


【7月16日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
おはぎ

昼:
ベーコンとほうれん草のパスタ

夜:
白米
肉じゃが(豚肉、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん)
ブロッコリーとゆで卵のサラダ
白菜キムチ
納豆ときゅうりの和え物
油揚げと小松菜の味噌汁

■運動
プランク20秒
ワイドスクワット10回
ヒップリフト15回×2
バックキック15回×2
ヒップアブダクション15回×2
腹筋10回

■体重
前日より0.4kg増 目標体重に対して+2.4kg

■間食
なし

☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

またも血小板減少 ルッコラの日常 7月14日〜15日

カテゴリ:
水曜日は、2ヶ月ぶりの内科検診に行ってきました。2ヶ月ってあっという間ですね。

今回、血小板の数値が下がっていました。(詳しい検査結果は下部に記載)

血小板
13.5万個/ul→9.1万個/ul
※基準値 15万個〜45万個/ul

イムラン増量したのに、なぜに?
前回も、ちょっと回復の勢いが弱いなあ、と思いつつ、今回こそは!と思っていたのですが。。。

ただ、体調は悪くないものの、マッサージのあと、いくつもあざが出ていたり、今回の血液検査のあと、血の止まりが悪く、いつものパッドだと血が漏れてしまったりとか、思い当たるふしはありました。

今回の結果を受けて、
①プレドニンを少量(2.5mg〜5mg程度)隔日で服用する
②今回様子見て、現状維持。次回、血小板の数が下げ止まっていなかったら、プレドニンを服用

という選択肢がありました。
C3、C4、白血球、ヘモグロビンあたりは、相変わらず基準値からは外れるものがあるものの、現状維持か、やや回復傾向にあったので、②の様子見を選択してみました。

変わらず
プラケニル200mg×2、イムラン50mgを毎日服用
とします。

今回の検査結果がよかったら次回までに、3ヶ月の期間をあけようと思っていたのですが、念の為2ヶ月後にします。

体感としては体調は悪くなく、日常生活には不自由もないので、ありがたいなと思う一方、悩ましい血小板め!と思ったりもします。
まあ、今のところ、危機的な数値ではないですし、そこまで不安視する必要もないと思うのですが、イムランを週2の服用から毎日の服用に増量したのに、週2のときよりも下がりつつあるのは、なぜ?という気持ち悪さは残ります。

検査結果の数値や基準値にこだわりすぎず、トータルでの最善を選択していく、というのがタイに来てからの方針でした。基準値にこだわって、ステロイドを増量すると、副作用を抑えるための薬が必要になる。ムーンフェイスなどの見た目の副作用も、私にとっては精神的ダメージが大きい。
だからこそ、可能な限りの減薬にこだわってきたのです。

1月の時点での血小板の減少から、減薬の限界を知って、イムランを増量したわけですが、おやおや、これでもダメか、と混乱をしてしまいました。



必要ならば見直しをするのみですね。
体調が変わらない限り、次回までゆっくり構えてみよう!と心がけつつ、自分に言い聞かせつつ。



【血小板】
■2020年
9.1万個/ul(7月15日)
13.5万個/ul(5月20日)
13.5万個/ul(3月17日)
9.0万個/ul(1月14日)

■2019年
10.7万個/ul(12月24日)←健康診断
14.5万個/ul(10月22日)
8.9万個/ul(8月13日)
8.0万個/ul(5月28日)
9.6万個/ul(4月2日)
10.0万個/ul(1月29日)

■2018年
17.4万個/ul(11月6日)
26.1万個/ul(9月11日)
※確認中(7月17日)
14.1万個/ul(5月30日)
12.0万個/ul(4月3日)
18.2万個/ul(1月9日)

■2017年
17.0万個/ul(12月12日)
21.5万個/ul(10月17日)
22.0万個/ul(8月29日)
25.7万個/ul(8月1日) 
25.4万個/ul(7月4日)  
25.9万個/ul(6月6日) 
24.5万個/ul(5月3日) 
18.7万個/ul(4月4日)
17.2万個/ul(3月7日)
15.5万個/ul(2月7日) 
8.4万個/ul(1月10日)

■2016年
12.2万個/ul(12月6日)
24.6万個/ul(11月8日) 
28.7万個/ul(10月11日)
28.2万個/ul (9月13日) 
※基準値 15万個〜45万個/ul


【尿検査】 
■2020年
異常なし(7月15日)
異常なし(5月20日)
検査なし(3月17日)
異常なし(1月14日)

■2019年
タンパク 1+
白血球+1
WBC 50-100 cells/HPF
バクテリア 2+
粘液糸 2+
(10月22日)

検査見送り(8月13日)
異常なし(5月28日)
異常なし(4月2日)
異常なし(1月29日)

■2018年
検査なし(1月9日、4月3日、5月30日、7月17日、9月11日、11月16日)

■2017年
検査なし(12月12日)
異常なし(10月17日)
検査なし(8月29日)
検査なし(8月1日)
異常なし(7月4日)
検査なし(6月6日)
検査なし(5月3日) 
検査なし(4月5日) 
検査なし(3月7日) 
検査なし(2月7日) 
検査なし(1月10日)

■2016年
検査なし(12月6日)
タンパク 1+(11月8日)
タンパク 1+、潜血わずか(10月11日)
異常なし(9月13日) 


【C3/C4】

■2020年
C3:84.1mg/dl(7月15日)
C3:79.4mg/dl(5月20日)
C3:77.4mg/dl(3月17日)
C3:80.1mg/dl(1月14日)

■2019年
C3:86.2mg/dl(10月22日)
C3:83.5mg/dl(8月13日)
C3:78.2mg/dl(5月28日)
C3:83.0mg/dl(4月2日)
C3:70.5mg/dl(1月29日)

■2018年
C3:75.4mg/dl(11月6日)
C3:89.5mg/dl(9月11日)
C3:74.4mg/dl(7月17日)
C3:77.7mg/dl(5月30日)
C3:70.0mg/dl(4月3日) 
C3:71.6mg/dl(1月9日)

■2017年
C3:70.0mg/dl(12月12日)
C3:69.8mg/dl(10月17日)
C3:75.4mg/dl(8月29日)
C3:75.4mg/dl(8月1日)
C3:71.4mg/dl(7月4日)
C3:85.8mg/dl(6月6日)
C3:77.0mg/dl(5月3日)  
C3:73.5mg/dl(4月5日)  
C3:80.9mg/dl(3月7日)  
C3:73.4mg/dl(2月7日) 
C3:74.9mg/dl(1月10日)

■2016年
C3:69.6mg/dl(12月6日)
C3:64.8mg/dl(11月8日)
C3:72.3mg/dl(10月11日)
C3:63.3mg/dl(9月13日)
※基準値:83.0〜193.0 


■2020年
C4:11.7mg/dl(7月15日)
C4:11.1mg/dl(5月20日)
C4:8.8mg/dl(3月17日)
C4:12.2mg/dl(1月14日)

■2019年
C4:12.9mg/dl(10月22日)
C4:10.7mg/dl(8月13日)
C4:8.9mg/dl(5月28日)
C4:9.7mg/dl(4月2日)
C4:9.6mg/dl(1月29日)

■2018年
C4:10.6mg/dl(11月6日)
C4:12.2mg/dl(9月11日)
C4:10.0mg/dl(7月17日)
C4:9.5mg/dl(5月30日)
C4:7.7mg/dl(4月3日)
C4:8.0mg/dl(1月9日)

■2017年
C4:8.3mg/dl(12月12日)
C4:8.7mg/dl(10月17日)
C4:10.0mg/dl(8月29日)
C4:11.7mg/dl(8月1日)
C4:10.9mg/dl(7月4日)
C4:14.9mg/dl(6月6日)
C4:11.6mg/dl(5月3日)
C4:11.1mg/dl(4月5日)
C4:13.0mg/dl(3月7日)
C4:11.7mg/dl(2月7日)
C4:10.7mg/dl(1月10日) 

■2016年
C4:10.9mg/dl(12月6日) 
C4:9.5mg/dl(11月8日)
C4:9.4mg/dl(10月11日)
C4:8.7mg/dl(9月13日)
※基準値:15.0〜17.0


ヘモグロビン濃度  
■2020年
13.5gm/dl(7月15日)
12.4gm/dl(5月20日)
12.3gm/dl(3月17日)
12.2gm/dl(1月14日)

■2019年
12.3gm/dl(10月22日)
12.6gm/dl(8月13日)
12.9gm/dl(5月28日)
12.6gm/dl(4月2日)
11.9gm/dl(1月29日)

■2018年
11.4gm/dl(11月6日)
11.9gm/dl(9月11日)
11.9gm/dl(7月17日)
12.6gm/dl(5月30日)
11.3gm/dl(4月3日)
12.8gm/dl(1月9日)

■2017年
12.2gm/dl(12月12日)
11.7gm/dl(10月17日)
11.8gm/dl(8月29日) 
11.9gm/dl(8月1日) 
12.2gm/dl(7月4日)  
12.4gm/dl(6月6日)  
12.7gm/dl(5月3日)  
12.0gm/dl(4月5日) 
12.8gm/dl(3月7日) 
11.6gm/dl(2月7日)
11.4gm/dl(1月10日)

■2016年 
11.8gm/dl(12月6日)  
11.4gm/dl(11月8日) 
12.1gm/dl(10月11日)
10.6gm/dl(9月13日)
※基準値:12.00〜16:00 

白血球  
■2020年
3.6×10^3/ul(7月15日)
3.7×10^3/ul(5月20日)
3.1×10^3/ul(3月17日)
3.3×10^3/ul(1月14日)

■2019年
2.7×10^3/ul(12月24日)←健康診断
3.2×10^3/ul(10月22日)
3.1×10^3/ul(8月13日)
4.3×10^3/ul(5月28日)
3.5×10^3/ul(4月2日)
3.0×10^3/ul(1月29日)

■2018年
4.2×10^3/ul(11月6日)
3.3×10^3/ul(9月11日)
2.6×10^3/ul(7月17日)
2.8×10^3/ul(5月30日)
3.2×10^3/ul(4月3日)
3.1×10^3/ul(1月9日)

■2017年
3.0×10^3/ul(12月12日) 
3.4×10^3/ul(10月17日) 
3.0×10^3/ul(8月29日) 
3.2×10^3/ul(8月1日) 
3.3×10^3/ul(7月4日) 
3.9×10^3/ul(6月6日) 
3.7×10^3/ul(5月3日) 
3.4×10^3/ul(4月5日)    
3.4×10^3/ul(3月7日)    
3.2×10^3/ul(2月7日)   
3.0×10^3/ul(1月10日)  

■2016年
3.1×10^3/ul(12月6日) 
3.1×10^3/ul(11月8日)
2.9×10^3/ul(10月11日)
4.0×10^3/ul(9月13日)
※基準値:4.5×10^3/ul〜10.0×10^3/ul

【薬の服用量の増減】
プラケニル200mg×2を毎日服用を維持
イムラン錠50mgを毎日服用を維持
補助的にプレドニンを服用



【7月15日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
トースト
ポテトサラダ


昼:
白米 塩昆布
ポテトサラダ
カップ麺
※寄せ集めごはんになってしまった。。。

夜:
※お弁当
生姜焼き弁当
(豚肉の生姜焼き、千切りキャベツ、コロッケ、煮豆、ひじきの煮物、春雨サラダ、きんぴら、白米、漬物、ミニトマト)


■運動
プランク0秒
ワイドスクワット1回
ヒップリフト0回×2
バックキック0回×2
ヒップアブダクション0回×2
腹筋0回


■体重
前日より0.2kg減 目標体重に対して+2.0kg

■間食
バナナ


【7月14日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
トースト
バナナ

昼:
白米
ナスとツナの和え物
マンゴージュース

夜:
白米
鮭のホイル焼き(鮭、玉ねぎ、ミニトマト、しめじ)
ポテトサラダ(じゃがいも、玉ねぎ、ピーマン)
もやしとにんじんのナムル
豆腐と水菜と油揚げの味噌汁


■運動
プランク20秒
ワイドスクワット10回
ヒップリフト15回×2
バックキック15回×2
ヒップアブダクション15回×2
腹筋10回

ラジオ体操

■体重
前日より0.9kg減 目標体重に対して+2.4kg

■間食
バスクチーズケーキ

☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ

見出し画像
×