カテゴリ

カテゴリ:旅行

3泊4日のチェンマイ 旅行へ ルッコラの日常 12月3日〜9日

カテゴリ:
12月5日〜8日は、チェンマイ旅行をしてきました。
実は、チェンマイ行きは今回が初。

バンコクからチェンマイまで1時間程度のフライトで、国内旅行としても気軽に行ける場所です。
バンコク在住者は日帰りという弾丸から、1〜2泊でさくっと行く方が多いと思いますが、我々は、3泊のゆったりプランで行ってきました。
2019-12-05 13.37.05
今回は、寺院などの観光なし、旧市街地、ニマンヘミン(チェンマイのお洒落エリア)での食べ歩き、街歩きのみで過ごしました。

旅行中の4日間は、エネルギー補強のため、プレドニゾロン1mgを毎日飲みました。
バンコクよりも気温が低めで、長袖の上着を羽織っていてちょうどよい気候(朝晩だと、ちょっと肌寒いくらい)だったので、紫外線対策しやすかったです。

だいたい、
ホテルで軽めの朝食→散歩しながらオーガニックカフェに移動→食事→街歩き→コーヒーショップ→マッサージ→街歩き→ディナー
のパターンでした。

訪れたところをご紹介しますね。


オーガニックカフェ「Bird's Nest Cafe」
2019-12-05 15.52.07
ここは以前、このブログで「行ってみたい!」と書いていた場所です。
気に入ってしまい、3日連続で訪れました(笑)

2019-12-05 14.47.10
最初に食べたのは、カオソーイ。
紫タマネギ、シカクマメ、スナップエンドウ、スプラウトなど野菜たっぷりでした。

別の日は、オムレツやグリーンカレーを食べました。どれも美味しかったです。
栄養素やカロリーダウンだけ考えてしまうと、味気ないものになってしまいがちですが、ここは、味付けや食感を楽しめる料理ばかりでした。
こういうのいいなあ♪

ディナーには、
2019-12-06 18.51.06
メラミン食器やアクセサリー、インテリア雑貨も人気な「GINGER」へ。自社農園のオーガニック野菜をつかった料理を提供しているそう。内装も可愛くて、食事は目にも舌にも美味しかったです。

チェンマイは、バンコクと比べると田舎というか、牧歌的な雰囲気でした。バンコクってやはり、大都会なんだなあ、と改めて思いましたね。
2019-12-05 16.00.09
2019-12-06 11.24.36
2019-12-06 11.32.47
2019-12-06 11.54.08
2019-12-06 11.55.06
スクリーンショット 2019-12-11 13.42.19
歩き疲れたら、乗り物で移動します。写真のような、ソンテウか、トゥクトゥクかタクシーに乗ります。観光客向けの乗り物は、ソンテウが一番多く走っていた印象でした。


チェンマイはコーヒーも有名です。雰囲気のよいカフェが多かったです。
2019-12-06 14.33.41
2019-12-06 14.33.31
「アカ・アマ・コーヒー」アカ族の村で栽培されているオーガニックコーヒーのお店です。
2019-12-06 16.03.56

2019-12-06 17.43.16
ここは世界的なラテアートの大会で何度も入賞したバリスタがいる「Ristr8to」

チェンマイのお洒落エリア、ニマンヘミン↓
2019-12-07 14.36.01
2019-12-07 14.36.41
2019-12-07 14.38.10
2019-12-07 16.31.46
洋服や雑貨屋、お洒落なカフェがたくさんありました。

このエリアのお洒落モール「One Nimman」も素敵でした!
ここもまた、気に入ってしまったので2日連続で行きました(笑)
お買い物もしましたよ。
2019-12-06 16.26.46
2019-12-06 17.03.13
2019-12-06 16.20.57
2019-12-07 17.59.17
2019-12-07 20.59.54
ここのマルシェを眺めがなら、ビールを飲んだりもしました。
ゆったりと楽しめた4日間でした。

そうそう、ブラブラ歩きでも、トータルすると結構な距離を歩いていました。
スクリーンショット 2019-12-11 13.49.05
一番歩いた日で、26,897歩、18.1kmでした!!


【12月9日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg   ロキソプロフェンNa錠60mg×2
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg ロキソプロフェンNa錠60mg
夜:ロキソプロフェンNa錠60mg
※生理痛のため、ロキソプロフェンNa錠60mgを服用


■食事
朝:
白米
納豆
しめじとキャベツの味噌汁
きゅうりとミニトマトの和え物


昼:
※弁当
おにぎり(鮭、高菜)、唐揚げ、つくね、つけもの

夜:
白米
豚肉と小松菜と大根の煮物
卵焼き
豆腐とわかめと長ネギの味噌汁

りんご


■運動
プランク0秒
ワイドスクワット0回
ヒップリフト0回×2
バックキック0回×2
ヒップアブダクション0回
腹筋0回

■体重
目標体重に対して+2.6kg

■間食
なし


【12月7日&8日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2  プレドニゾロン1mg
朝:プラケニル200mg×2   プレドニゾロン1mg


【12月5日&6日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg プレドニゾロン1mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg  プレドニゾロン1mg


【12月4日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
白米
納豆
しめじとキャベツの味噌汁
きゅうりとミニトマトの和え物


昼:
BLTサンド

夜:
白米
鮭とまいたけのホイル焼き
ほうれん草の胡麻和え
ゆでブロッコリー
しめじとキャベツと長ネギの味噌汁

りんご


■運動
プランク20秒
ワイドスクワット10回
ヒップリフト15回×2
バックキック15回×2
ヒップアブダクション15回×2
腹筋10回

■体重
前日より0.5kg増 目標体重に対して+1.9kg

■間食
チョコ菓子


【12月3日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
バターロール

昼:
カオマンガイ

夜:
白米
麻婆豆腐(豚挽肉、豆腐、枝豆、小ねぎ)
ミニトマトときゅうりの和え物
しめじとキャベツの味噌汁


■運動
プランク20秒
ワイドスクワット10回
ヒップリフト15回×2
バックキック15回×2
ヒップアブダクション15回×2
腹筋10回

■体重
前日より0.1kg減 目標体重に対して+1.4kg

■間食
チョコ菓子

☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

3週間の旅行から戻りました ルッコラの日常 8月5日

カテゴリ:
3週間のバケーションから無事に戻りました。
バンコク→東京→(マドリード泊)→サンセバスチャン→バルセロナ→アテネ→サントリーニ島→東京→バンコク
という滞在の3週間でした。
大きく体調を崩すこともなく、楽しめました。

各都市3泊くらいずつの日程ですが、丸1日使えるはずの中2日は、昼頃まで寝ていたり、午後に昼寝をしたり、と半日くらいは休憩しているような時間の使い方です。
IMG_8292
マドリードからサンセバスチャンへは、このプロペラ機で
IMG_8333

ちょっとしたトラブルとしては、
①サンセバスチャンに着くなり、吐いてしまった
②サントリーニ島→東京のフライトで欠航→遅延→乗り遅れがあり、予定より10時間遅れの到着

となったことです。

①は、フライト中に夕食を食べずに寝てしまい、深夜に到着したマドリードでも何も食べず、翌朝移動したら、胃液の分泌が過剰になってしまったみたいで、ホテルまであと少しというところの道端で少し戻してしまいました。
旅行中は、消化不良に注意、という意識はあったのですが、空腹になりすぎてもいけなかったな、と反省しました。
その後の復活までは、はやかったので助かりました。

②はサントリーニ島からアテネへの国内線が機体トラブルかなにかで欠航。振替で手配してもらった便でアテネへ。本来、アテネからモスクワ経由で東京に向かうはずが、アテネ→ウィーン→東京の手配になったのだけれども、アテネ→ウィーンの便が遅延で、ウィーン→東京のフライトに乗り遅れ(空港内を走りに走ったのだけれども、間に合わず 泣)

ウィーン→イスタンブール→東京で帰ってきました。

もちろん、なるべく早い便を手配してくれたのはありがたいのだけれども、手配してもらうまでの待ち時間が長く、搭乗する便が決まったあと、フライトまでの時間がタイトで急ぐ、の繰り返しで、めちゃめちゃ疲れました。。。

結果、飛行機に乗っている時間がトータルで20時間くらい。これなら、アフリカ大陸や南米にもいけるかも!と変な自信もつきました(笑)

もともと、サントリーニ島からアテネの便が多少遅れても、アテネからの便に乗り遅れることのないように、と1本早めのフライトにしていました。1本遅いフライトにしていれば、スムーズに帰れたかも、と思うと悔しい!!

まあ、結果論なので、基本的には早めの行動、が正解ですよね。


旅行期間中は、イレギュラーでプレドニンを毎日1mgずつ飲んでいました。無理をしないように気をつけてはいても、日常よりは体力を使うことは間違いないので。

■薬
プラケニル200mg×2
プレドニゾロン1mg
イムラン50mg(月・水・金曜日)


海外旅行保険
world nomadsに加入しました。
今回、飛行機の遅延でついに保険適用の機会があるか!と変な興奮をおぼえたのですが、
保険が適用される条件は、3時間以上の遅延、ホテルの宿泊費、ホテルまでの交通費等、実費がかかったとき。我々、何も費用がかかりませんでしたので、当たり前ですけど、保険のお世話になることはありませんでした。
(関連記事:「持病持ちの海外旅行保険についてのまとめ」)


免許の更新
一時滞在先を姉の住所にさせてもらって、更新してきました。
私は、たまたま期日内更新だったので、都庁で、夫は更新期限が切れていたので、鮫洲で更新となりました。
(関連記事:「海外在住者の運転免許証更新 ルッコラの日常 11月19日」)


さて、ここからは楽しかった旅の思い出を綴りたいと思います。
まずは、サンセバスチャン
IMG_8371
湿度少なめ、気温20度〜25度程度で、とっても過ごしやすかったです。
この気持ちのいい気候を求めて、旅行しているといっても過言ではない!というくらい、求めてます(笑)
IMG_8343
IMG_8341
IMG_8394
IMG_8501
主にはバル巡りを。
朝ごはんで人気のバル、いわしのピンチョスに特化したバル、等々、バルによって特徴があります。
テーブル席があるバルも多かったですよ!
FullSizeRender
ステーキのバルにも行きました。
IMG_8401
これは22時くらい。


つづいてバルセロナ。
バルセロナは今回で3回目。やはり、大都市だし、素敵な街だなあ、と再確認しました!
FullSizeRender
↑こちらは、フードコート。
IMG_8637
ボケリア市場で食事を。今まで、見学のみで去っていたので、食事をするのが新鮮でした。
IMG_8658
ベイサイドも美しい。
FullSizeRender
ピカソも通ったという老舗レストランでパエリアを食べました。
IMG_8667
完全予約制のレストラン「エスティマール」にも行ってきました。最高に美味でした。


ギリシャは、初めてです。アテネに到着。
FullSizeRender
早速ギリシャヨーグルトを
IMG_8780
7月上旬は、熱波で封鎖されていたアクロポリス。我々が旅行したタイミングでは見学可能でした。
日陰がないので、晴れの日中は体力的に過酷です。曇りがちな日に行ってまいりました。
FullSizeRender
ホテルの屋上からみた、アクロポリス
IMG_8822
夜見ても綺麗
IMG_8847
IMG_8871

最後の目的地はサントリーニ島
IMG_8903
青い空と海に白い建物!
IMG_8918
IMG_8939
カルデラ地形です。
FullSizeRender
有名なブルードーム。ウエディングフォトを撮影しているカップルがいました。
IMG_8986
FullSizeRender
IMG_9061
サンセットタイムを狙ってこのレストランで食事をしました。

と、盛りだくさんな旅行でした。主に食を楽しんだ旅行でしたかねー。

東京では、姉の家に滞在して、姉と姪っ子との時間も過ごせました。
バンコクに遊びに来た時は、0歳児だった姪も歩ける1歳児に成長。もうこれだけでも、大きな変化なのだけれども、出来ることも食べられるものも増えて、なによりも、意思表示(特に「No」に関しては明確!)ができるようになったのが、大成長です。

姪っ子に好かれたくて、遊んで欲しくて、おばちゃん必死でした(笑)ただ抱っこするだけで、笑ってくれた時期は終わりました。もっと研究せねば!


暑さレベルは、東京(ダントツ!)>サントリーニ島>アテネ>バルセロナ>サンセバスチャン
でした。
サントリーニ島では一番暑い時間帯は、プールサイドで過ごすか部屋で昼寝か、という過ごし方をしている人が多いかと思いました。とはいえ、朝晩は、上着が必要なくらい気温下がるのですけれども。

暑さだけでなく、紫外線はSLEにも美容にも大敵です。
フルレングスのパンツにノースリカットソー、カーディガン。
ロングワンピースにカーディガン。
という出で立ちで過ごして、皮膚をガード。屋根のあるところでは、カーディガンを脱いだりしていました。

東京は、とくに後半は、カーディガンを着て歩けたモンじゃないほど暑かったので、日中はほとんど部屋の中にいました。
それでも、前半、後半と友達に会ったりもできたので、大満足です。

引っ越しから、旅行と、いつもマイペースに家にいるだけの私にしては、随分と活動的な6月7月でした。
サントリーニ島にいたあたりから、皮膚炎が出つつあるので、大人しくして様子見です。
来週には診察の予約を入れているので、このまま様子見で大丈夫かな、と思っています。


☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

まったりステイのサムイ島3泊4日 ルッコラの日常 3月23日〜26日

カテゴリ:
3泊4日のサムイ島旅行から、無事に戻りました。ざっくりと、下記のようなスケジュールで過ごしました。


【3月23日】
9:40バンコク出発
11:30 サムイ島のホテルチェックイン
ホテルのバーで1杯
12:30ランチ
14:30マッサージ
15:30ホテルで昼寝
18:30レストランで食事 タイ料理(アルコールなし)

【3月24日】
15:00近くまでホテルの部屋から一歩も出ず
(夫、やや体調不良)
16:30 遅めのランチ
ホテルで休憩
18:00 海を眺めながら軽く一杯
19:00ディナー(イタリアン)
21:00 バーで一杯

【3月25日】
9:30ホテルで朝食
雨のためホテルの部屋でダラダラ
14:00ホテルの前のビーチ
17:00ホテルのプール
プールサイドで1杯
19:00ホテルのレストランでディナー(イタリアン)
21:00散歩&ナイトマーケットを見学
21:30海沿いのレストランで1杯

【3月26日】
9:30ホテルで朝食
12:00チェックアウト
14:00サムイ島出発
15:00バンコク着


私がSLEを発症してからの我が家の旅行は、
・スケジュールを詰め過ぎない
・睡眠多め
・休憩多め
がモットーでしたが、今回はこれまで以上に、何もせず、行動範囲も少ない旅行でした。
IMG_7720
ホテルの部屋から
IMG_7738
ビーチ沿いのレストランで、ランチビール。到着した3月23日は、選挙の関係で18:00から禁酒。昼間のうちに飲んでおきました(笑)
IMG_7734
センスのいい内装。ここは滞在中、何度か通いました。
FullSizeRender
ビーチの座席も素敵。
IMG_7742
海を見ながらフットマッサージ。
IMG_7774
3日目は、朝から空がどんよりしていて、昼頃、雨が振りました。
IMG_7791
雨がやんでからビーチへ。3日目にして初めて海に入りました。波少なめ、水温高め。
水温高めは、嬉しいポイントです♪
水上バイクをレンタルして夫の運転で乗りました。テンションあがりましたよ!免許なしで乗れました。
IMG_7794
海遊びのあとは、ホテルのプールサイドでまったり。これまた3日目にして初プール。
IMG_7807
今回は、サムイ島のボプットビーチ沿いの滞在でした。他のビーチリゾートに比べて比較的人が少なく、海も穏やか。静かな時間を過ごせました。
IMG_7822
空港の搭乗口もオープンエアでいい雰囲気。

今回は、こじんまりしたホテルに滞在し、ビーチの移動もせず、レストラン街もホテルからすぐ近くで、これまたこじんまりしたエリアなので、かつてないほど移動距離の少ない滞在でした。

2日目、夫は溜まった疲れからか、午後まで起き上がれず、私もずっと部屋の中で過ごしました。
その間、kindle本、Netflixを楽しみました(←家でやっていることと一緒w)。
スマホひとつで、たくさんのコンテンツを持ち歩ける便利な時代で助かります♪

普段、体調不良になるのは私側なので、お互い様という感じで私はかえって気楽に思いました。
忙しく働いた合間の、せっかくの休みに起き上がれないなんて気の毒だなあ、とは思いましたけどね。回復してよかったです。

3泊4日のビーチリーゾート滞在で、海やプールに入ったのは3日目オンリーでしたが、それでも満足でした。紫外線の浴び過ぎも防げたので、かえって、よかったかもしれません。



☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

10日間の旅行から無事に帰り  ルッコラの日常 8月6日

カテゴリ:
10日間の旅行から無事に戻りました!
今回は、
・寝込むことなく
・薬を忘れることなく←当たり前ではありますが
過ごすことが出来ました。

旅行中は
・スケジュールを詰めすぎず、
・睡眠をたっぷり取り、
・紫外線対策は万全に

これを重要視します。

今回の旅行は、
バンコク→クロアチアのドブロブニク→フヴァル島→ドブロブニク→トルコのイスタンブール(トランジットの待ち時間を利用して数時間だけ観光)→バンコク
という移動でした。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_5550
今回驚いたことは、訪れた場所と比較して、まさかのバンコクが一番涼しい!(笑)

私は、ヨーロッパの街並みや食事やファッションに憧れているのですが、それに加えて「湿気のない夏」の過ごしやすさにも憧れて、むしろそれを求めて旅行したいというのもあるのですが、今回は「湿気のない夏」ではなかった!

ヨーロッパにも熱波が流れて、例年にない暑さを記録しているのだとか。

クロアチアなら、夏に上着を羽織っていても汗をかかない、というイメージでいたのですが、これが想定外で。
流れる汗を我慢して上着を羽織っていたので、予想よりも、体力を奪われました。

顔周りは、日焼け止めとサングラスでカバーしていたのですが、汗で日焼け止めが流れてしまったのか、顔は少し日焼けをしてしまい、肝斑が濃くなってしまいました。。。ぐすん。

服用を迷っていたプレドニンは、5mgを1日おきに飲んでみました。
旅行中は、極端な疲れを感じることなく過ごせました。まあ、スケジュールがゆるゆるだから、というのもあるのですが。

前回の反省を活かして、胃腸が疲れないようにも注意しました。
アルコール摂取量をいつもの感覚より少なめに、
ビールを飲みたいところをグッとこらえて(笑)、レモネードにしたりとか、夫が牡蠣を注文しても私は手をつけず(牡蠣が必ずしも食あたりを引き起こすわけではないけれど、なるとヒドイことになるので)、とか苦痛にならない程度にセーブするところはして、という感じで。

もともとビーチリゾートやアイランドリゾートが好きだけれども、SLEには紫外線が大敵。

ビーチやプールサイドにいるときは、必ず屋根のあるところにいるようにして(それでも、紫外線を完璧にはカットできないけれど)最大でも10分と決めて、海に入って、少しちゃぷちゃぷしたりして、それでも満足でした。

昔のように、とめどなく海の上に浮かんだり、日なたで昼寝なんて出来ないけれど、楽しめますね!
それに、もはや年齢と美容的観点からも、日なたで昼寝したい気分ではないですし。

さて、ここで今回の旅の準備に関していくつか共有したいと思います。

海外旅行保険について
昨年の旅行時と同様、World Nomadsで加入しました。
日本を出発した後や、海外在住ですと、日本の海外旅行保険には加入出来ないですね。
海外在住で加入できる海外旅行保険として、アリアンツもありますが、持病がある時点で加入出来なかったので、World Nomadsにしました。
(関連記事:「海外旅行保険の話の結末 ルッコラの日常 9月8日」)
(関連記事:「まだまだ続く海外旅行保険の話  ルッコラの日常 9月7日」)
(関連記事:「持病持ちの海外旅行保険の話続き  ルッコラの日常 9月6日」)
(関連記事:「海外在住かつ持病持ちが海外旅行に行くときの保険の問題  ルッコラの日常 9月5日」)

SIMカード
これまた昨年同様、AISのSIM2Flyにしました。
ヨーロッパ諸国とアメリカで使えるバージョンです。15日間有効4GB。
クロアチア他、トランジットのトルコでも使えたので便利でした。

通貨の準備
クロアチアでは、一部(タクシーやホテルなど)ユーロも使えるところがありますが、クーナのみしか利用出来ないところも多い印象でした。(現地ツアーの申し込みや売店など)
たいていの場所でカード払い出来るので、それほど多くの現金は必要ないですが、ちょっとした飲み物を買うときなどは現金の方がスムーズだったりもするので、少しは用意しておきたいところ。

バンコクで、バーツからクーナの両替は扱っていないので、バーツからユーロに替えて現地でユーロからクーナに両替するか、または日本円を持っていって、円からクーナに替えるかの方法があります。

街のいたるところにATMがあるので、クレジットカードでのキャッシングやデビットカードで現地通貨をおろすことも可能です。
両替レートより、むしろキャッシングやデビットカードの手数料の方が安価なので、私達は、クレジットカードで現地通貨を下ろしました。

トルコでも、カードのキャッシングでリラを下ろして、4、5時間観光しました。

最後に、旅の様子を少し。
FullSizeRender
ロープウェイから見たドブロブニクの旧市街
IMG_5190
『魔女の宅急便』の世界♪
FullSizeRender
ドブロブニクは、階段の多い街
IMG_5455
フヴァル島から青の洞窟へ
IMG_5442
ここは、『紅の豚』の舞台とも言われている場所 

美しい風景に癒されました。
それに、美味しい料理にもたくさんありつけました。魚介が豊富で嬉しかったです♪

そうそう、ドブロブニク に1件、タイマッサージ屋さんがありました。外国で日本のサービスやお店を見ると「お!」と思う感覚で「お!」と思いました。

第二のふるさとと言えるほど、タイに長くいるわけではありませんが、いつの間にか、タイにも親しみと愛着を抱いているものなんだなあ、と感じました。

さあ、思い出を胸に、しばらくはひきこもりの体力温存生活に戻ります。

瞬間を切り取ると、健康体となんら変わらないことが出来るのだけれど、長期的にそれを維持出来ない、これが今の私のネックいうかキモというか。。。現実です。
ということで、とにかく!少し、おとなしくします(笑)


【8月6日】
■薬
◎1日の薬量:イムラン錠50mg プラケニル200mg×2
朝:イムラン錠50mg プラケニル200mg×2
※体調が安定していたので、今週からイムランを週2→1にしようと考えています。

■食事
朝:
デニッシュパン

昼:
おむすび×2

夜:
ごはん
焼鮭 ブロッコリー、ミニトマト
ほうれん草の胡麻和え
納豆
豆腐とわかめと長ネギの味噌汁

パイナップル


■運動
かかと上げ0回
スクワット0回
ふみこみ0回
ヒップ上げ0回
腕立て0回

■体重
目標体重に対して+2.6kg

■間食
チョコ菓子

☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2週間のバケーションを(ほぼ)無事に終え  ルッコラの日常 9月9日〜24日

カテゴリ:
戻りました、ルッコラです。2週間バンコクを離れまして、24日の夜に無事に戻りました。
無事といっても、途中、「これは病院に行かなくてはダメかな?」という事態に陥りましたが、何とか持ち直しました。
2017-09-09-11-00-51
9月9日〜9月24日の間
東京→ローマ→ナポリ→カプリ→シチリア→東京

で過ごしました。
2017-09-12-18-18-58
コロッセオの存在感たるや!
2017-09-14-15-50-41
ローマからナポリの電車移動も楽しかったです。
2017-09-15-18-58-24
ナポリの街並み
2017-09-16-00-02-02
カプリ島は島全体が素敵でした。
2017-09-18-02-25-10
2017-09-18-20-20-52
シチリア島のマッシモ劇場。『ゴットファーザー』の世界。

移動が多めなので、体力が心配でしたが、日々9時間〜10時間の睡眠を確保して、スローペースに活動をして乗り切りました。
そのかいあって(?)、カプリ島に2泊したにも関わらず、青の洞窟を見れずじまいでした。見ようとトライもしていない!ローマから日帰りでも青の洞窟を見にいけるというのに!!!
もったいなーい、と思う気持ちもあったのですが、朝起きられず、起きてからもダラダラする方を優先したのだから仕方ない。

それと、イタリアは湿気が少なかったので、街歩きをしていても身体が楽でした。
やはり、高温多湿は体力を奪いますね。東京も秋めいていたので、動きやすかったです。

この2週間の薬の服用量は、以下の通り。

■薬(月・水・金曜日)
◎1日の薬量:イムラン錠50mg プラケニル200mg×2 
朝:イムラン錠50mg プラケニル200mg×2 

■薬(火・木・土・日曜日)
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 
朝:プラケニル200mg×2

何事もなく元気に過ごしたかったのですが、9月19日は体調を崩して、ホテルで1日寝ていました。
食あたりか胃腸炎か、といったところですが、普段の胃腸炎よりも胃痛、腹痛、吐き気、悪寒がすごくて、「ううーっ」とうめき声が出てしまうほどでした。

痛いのになかなか下ってくれずに、痛み方が腸閉塞と似ていてので「もしや?」と焦りましたが、徐々に下ってきました。
腸閉塞だと自力では治せないので、病院行きですよね。

18日までは多少疲れは出てきていたものの元気にしていたのが、19日の朝に突然、胃腸の痛みと吐き気が始まりました。
午後にもましにならなかったら、病院に行くことも考えなきゃなあ、と思いながら、うなっていたら、うとうとと合間に眠りが訪れるようになり、少しずつ改善していきました。
その日は、ずっと悪寒がしたままで、夜中に頭痛がしたのでロキソニンを飲みました。

翌朝、悪寒と頭痛が改善していたので、これは快方に向かっているなあ、と実感しました。
寝ていた翌日の19日はシチリアから東京に戻る予定の日、長時間の移動が待っていたので、本当にホッとしました。
体調が1日ずれていたら、帰国を延期しなければならなかったかもしれない、と焦りました。

それに、前回のブログでも、海外旅行保険についてふれましたが、えいや!で加入してしまった保険、しっかりと約款もチェックしないまま旅行に出発してしまいました。
(関連記事:「海外旅行保険の話の結末 ルッコラの日常 9月8日」)
  • 私が胃腸炎で病院の診察を受けた場合、保険は適用になるのか?
  • 胃腸炎になったのは、持病の影響で免疫が低下しているから、と判断されてしまうのか?
その辺が不明瞭で、病院にかかろうか迷いながらも、お金のこともドキドキしてしまいました。
この点は、しっかりと反省をして、次回のためにも、この後、きちんと約款を読み込もうと思います。

移動の合間合間に水下痢をしながらも、無事に東京に着きました。
フライト中は、機内食をほとんどとらないようにして(水分はとっていました)、胃腸を休ませ、帰国したころには食欲も回復していました。

東京では、食欲にまかせて美味しいものを食べて、下痢気味で過ごしましたが、悪化は免れました。

5月の帰国時は、体力に自信がなかったので人との約束は入れなかったのですが、今回は、元同僚や仲良くしている方々と会うことが出来ました。
よく行っていたお店にも顔を出しに行ったりと出来て、少し自信がついたのと同時に、やはり昔と同じようには動けるつもりでいてはいけないんだ、と反省もしました。

それでも、楽しく充実していた2週間でした。本当にありがたい時間です。
この2週間、食に関してもとても、充実していました。単に食べ過ぎだったのかな?(笑)
2017-09-12-05-34-30
カルボナーラ発祥のお店「ラ・カルボナーラ」で。ローマです。
2017-09-14-03-16-00
こちらは、ナポリのマルゲリータ発祥の店、「ブランディ」
2017-09-14-02-55-41
2017-09-15-02-51-00
ナポリも魚介が豊富です。タコのトマト煮込みをピザ生地で包んだ料理。
2017-09-15-02-54-57
夫が「絶品!」と気に入り、もう1皿同じものをオーダーしたボンゴレ。
2017-09-16-17-14-44
2017-09-16-20-40-59
2017-09-16-20-41-59
2017-09-16-22-06-08
カプリ島で飲んだレモングラニータが美味しかった!
2017-09-16-22-31-07
2017-09-17-00-05-15
2017-09-17-01-57-12
今回の滞在中、カプリ島で行ったレストランの中では、ここが1番。
2017-09-18-15-52-52
シチリアで宿泊したB&Bの朝食
2017-09-18-16-03-06
2017-09-18-20-23-07
シチリアで食べたウニのパスタ。絶品でしたが、疑惑のパスタ。
これがあたったのかも!?

動物のカンといいますか、なんというか、半分くらい食べた段階で「残そうかな」という考えが珍しく頭をよぎったのです。

でも、普段、「食べ物を残すなんて!」
という考え方をしている方なので、結局全部、食べてしまいました。実は本能でウニに危険を感じていたのか、ウニのせいではないにせよ、この段階で私の胃腸はすでに悲鳴をあげていたのか。
このときに残していたら、翌日の不調は免れたのだろうか。
2017-09-18-20-23-18
マグロのカラスミのパスタ。いくらのパスタ同様、シチリア名物。
2017-09-20-02-41-33 2017-09-20-02-43-23

2017-09-20-19-44-08
いわしのベッカフィーコ。こちらもシチリア名物。
2017-09-18-22-02-38
2017-09-18-22-40-44
2017-09-19-04-14-20
大人気のバー。お店に入りきらず、外で立ち飲みする人も多い。
2017-09-19-04-32-08
2017-09-23-17-05-02
東京で姉と食べたいちじくのパフェ。バンコクでは、いちじくを見かけないので嬉しかったー。
退院後にパフェが食べたいとリクエストして、姉に付き合ってもらって食べたのも、いちじくのパフェでした。
2017-09-23-19-51-24
2017-09-23-21-21-26
2017-09-23-21-39-35
2017-09-23-21-58-31
2017-09-23-22-24-29
東京では、姉と一緒にTRUNK HOTELでディナーしました。前から行ってみたかったので嬉しかったです。

こうしてみると、だいぶ胃腸を酷使しているなあ(笑)。食いしん坊欲がすっかり満たされました。

それに、満たされたのは胃袋だけではありませんでした。
バンコクにいてもLINEやメールで日本と連絡は取れているものの、実際に会って話せると嬉しいもんだなあ、と改めて思いました。



☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ

見出し画像
×