カテゴリ

カテゴリ:薬

急遽病院へ ルッコラの日常 10月8日〜15日

カテゴリ:
日本は、台風すごかったですね。今回は、比較的、事前に備えもされていたのでは、という印象でしたが、さらに予想を上回る被害に驚いています。
亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、一刻も早い復興を願っております。


さて、タイトル通り、急遽病院に行ってきました。
というのは、、、

ちょっと大きな声で話しづらいんですけどね、肛門の周りの皮膚炎がひどくて。
1週間前くらいから、赤くなってかなり痒みはあったのですが、徐々に痛みの方がかゆみを上回るようになってしまって。
患部の場所が場所なだけに、自然治癒を期待してもいたのですが。

ピリピリとした痛みで寝つきが悪く、痛みで目が覚めたりするようになってしまいまして。
どーにも、改善の気配がないなあ、むしろ悪化しているぞ、生理も終盤になってきたし、ということで、バムルンラード病院に行ってきました。


ネット検索したところ、「肛門周辺皮膚炎」とみていたのですが、
結果、「肛門ヘルペス(性器ヘルペス)」でした。

ステロイドや免疫抑制剤を服用していることが、発症に関連していることもあると感じたので、共有したいと思います。


■そもそも何科にかかるの?

「肛門科」「肛門外科」があればわかりやすいのですが、ない場合もありますよね。病院の窓口に問い合わせたところ、肛門外科専門の先生は当日はいない、翌日出勤予定だが、男性のみ。
当日なら、総合内科か外科あたりにかかればよいのでは?ということでした。

電話に出た窓口担当の方がクールな対応の方だったので、なんとなく心細くなり、予約はせず、直接病院に行ってみることにしました。

日本人専用カウンターの方に相談すると、「Women's Center」の女性の先生の予約で手配をしてくれました。そうか、婦人科でもよいのかー、と思いました。


■診察内容は

問診→患部の診察→検査でした。
問診では、SLEで受診していること。プラケニルとイムランを毎日服用していることも、合わせて話しました。
検査は、皮がむけた状態の皮膚から採取するので痛かったー(泣)

診察の段階で、ほぼヘルペスで間違いないと思うが念の為に検査にまわすとのこと。
検査結果は、2時間後なので、電話で連絡もらうことにしました。やはり、ヘルペスでした。

ショッキングなことに症状が改善しても完治はせず、ウィルスは体内に残るということでした。
「再発する可能性も高いが、再発しても驚かないように」とのことけれども。
驚かないとしても、再発はいやだなあ。。。

肛門ヘルペス(性器ヘルペス)は、性感染のケースも多いようで、避妊方法なども聞かれました。
ずいぶん長いことご無沙汰なので、性感染は考えにくいと思うと伝えました(お尻全部見せちゃっていると、デリケートな話題にもオープンになっちゃいますね 笑)

後にネットで検索してみると、何年も何十年も発症しないケースもあるようです。
単純ヘルペスウイルスに感染しても80~90%の人はすぐには症状が現れません。感染してから数年~数十年後に症状が出る場合(再発)もある。中にはウイルスに感染後数日で症状が出る人もいる。この場合は再発時と比べて痛みや水疱、腫瘍などの症状が重く、治癒までの期間も2~3週間と長めである。免疫が下がったときなどに発症する

・症状の出現は初めてではあるが、すでに感染していたHSVが全身的あるいは局所的な免疫抑制状態になった時に再活性化されて病変を形成した場合。
・免疫抑制状態は抗癌剤や副腎皮質ホルモンなどの薬剤の投与、下腹部の放射線照射や手術、妊娠などによってもたらされることが多いが、このようなことがなくてもストレスなどが誘因になることもある。HIV感染者やAIDS患者では免疫能力の低下に伴ってヘルペス病変がしばしば出現することが知られている。免疫抑制の程度が強いと病変も広く治りにくい。
https://www.y-cn.jp/std/herpes.html

私は今、免疫抑制剤のイムランを飲んでいるし、ここのところ手足に皮膚炎も出ていたので、いかにも、潜伏していたウィルスが悪さをしそうなコンディションですね。

先生も、イムランを服用していることが影響しているかも、とおっしゃっていました。

ヘルペスの症状は自然におさまることもあるようなのですが、初期症状から対処していた風邪でさえも、1ヶ月は治らない私の場合は、自然治癒は難しそう。早めに医療の力をかりるのが正解だった気がしました。


以前、バルトリン腺膿瘍になったときも、恥ずかしいという気持ちから、病院にいくのを先延ばしにしてしまって、結局悪化して、痛い思いをしたのは自分でした。

これもまた、免疫抑制状態だったので、他の人より発症しやすかったのだと思います。
当時は、プレドニン14mg、イムランを75mg服用していました。


いやー、デリケートゾーン の不調はなかなか人に言いづらいですが、自己判断でねばってもいいことないですね。早めの受診を!というのを再び肝に銘じたいと思います。

ステロイドや免疫抑制剤を服用していく限りは、デリケートゾーン のトラブルはつきものかもしれないなあ。


■治療方法・治療薬について
S__35282949
■飲み薬
valtrex500g
抗ウィルス薬
1日3回を7日分
S__35282948
■塗り薬
Clinovir
ヘルペス、帯状疱疹の症状を緩和させる
4時間おき1日5回、患部に塗布
S__35282946
■洗浄剤
betadine surgical scrub
皮膚の細菌を減らす
朝晩、1日2回

※痛みがひどいときはロキソニンを飲んでOK

1週間後にフォローアップの診察があります。
早くよくなりますように。今のところ、ガニ股歩きになってしまいます(泣)



【10月15日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg  valtrex500g×2  ロキソプロフェンNa錠60mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
昼:valtrex500g
夕方:ロキソプロフェンNa錠60mg
夜:valtrex500g 


■食事
朝:
トースト

昼:
※テイクアウト
ウィンナーパン
オリーブのチーズパン


夜:
カレー(豚肉、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん)ライス
コーンスープ(コーン、長ネギ、卵)
りんご


■運動
プランク0秒
ワイドスクワット1回
ヒップリフト0回
バックキッ0回
ヒップアブダクション0回
腹筋0回


■体重
目標体重より+1.4kg

■間食
なし



【10月14日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg  
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
バナナ

昼:
※外食
ビーフバーガー

バーで
モヒート

夜:
※外食
パッタイ
オレンジジュース


■運動
プランク0秒
ワイドスクワット1回
ヒップリフト0回
バックキッ0回
ヒップアブダクション0回
腹筋0回


■体重
測定を失念

■間食
なし


【10月13日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg  ロキソプロフェンNa錠60mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
夕方:ロキソプロフェンNa錠60mg
※皮膚炎の痛みのため


■食事
朝&昼:
卵サンド
バナナ


夜:
ミートソースのパスタ(合い挽き肉、玉ねぎ、にんじん、セロリ、しいたけ)
タコとじゃがいものマリネ

マンゴー


■運動
プランク0秒
ワイドスクワット1回
ヒップリフト0回
バックキッ0回
ヒップアブダクション0回
腹筋0回
※サボってしまった

■体重
測定を失念

■間食
チョコ菓子



【10月12日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg  
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
パン
バナナ


昼:
白米
納豆&オクラあえ
みかん

夜:
焼肉(タン、ハラミ、カルビ、ミスジ)
白菜キムチ
クッパ

ビール×3


■運動
プランク20秒
ワイドスクワット10回
ヒップリフト15回×2
バックキッ15回×2
ヒップアブダクション15回×2
腹筋10回

■体重
測定を失念

■間食
ドライフルーツ



【10月11日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg  
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
トースト

昼:
白米
納豆&オクラあえ
みかん

夜:
白米
ぶりの照り焼き ネギ焼き
だしまき卵
ほうれん草の胡麻和え
豆腐としいたけと長ネギの味噌汁


■運動
プランク20秒
ワイドスクワット10回
ヒップリフト15回×2
バックキッ15回×2
ヒップアブダクション15回×2
腹筋10回

■体重
前日より0.4kg減 目標体重に対して+1.3kg

■間食
チョコ菓子



【10月10日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg  
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
卵サンド

昼:
白米
納豆&オクラあえ
みかん

夜:
白米
厚揚げとオクラのそぼろ煮
エビとブロッコリーとセロリのタルタルサラダ
大根とキャベツの味噌汁


■運動
プランク20秒
ワイドスクワット10回
ヒップリフト15回×2
バックキッ15回×2
ヒップアブダクション15回×2
腹筋10回

■体重
前日より0.3kg増 目標体重に対して+1.7kg

■間食
ももゼリー



【10月9日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg  
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg


■食事
朝:
トースト、みかん

昼:
白米
エビシウマイ
味卵

夜:
白米
豚バラとしいたけと大根の煮物
ほうれん草のおひたし
きゅうりとミニトマトの和え物
豆腐とわかめと長ネギの味噌汁


■運動
プランク20秒
ワイドスクワット10回
ヒップリフト15回×2
バックキッ15回×2
ヒップアブダクション15回×2
腹筋10回

■体重
前日より0.4kg増 目標体重に対して+2.1kg

■間食
チョコ菓子




【10月8日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg  ロキソプロフェンNa錠60mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg
昼:ロキソプロフェンNa錠60mg


■食事
朝:
トースト

昼:
白米
納豆
トムヤンクンスープ

夜:
白米
鶏手羽元のさっぱり煮(鶏手羽元、ゆで卵、ブロッコリー)
レンコンのきんぴら
トマトとオクラの豚汁


■運動
プランク0秒
ワイドスクワット1回
ヒップリフト0回
バックキック0回
ヒップアブダクション0回
腹筋0回
※生理痛のため、おやすみ

■体重
前日より増減0kg 目標体重に対して+1.7kg

■間食
みかん


☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ゆるいルールで疲労対策を ルッコラの日常 1月30日〜2月1日

カテゴリ:
ここのところバンコクは、PM2.5による大気汚染がひどくて、ついに学校や幼稚園がおやすみになったそう。yahoo!ニュースにもなっていたと思うから、日本にお住まいの方も、この話題を目にした方はいるかもしれませんね。

私は子供がいないので、学校がお休みになったとかそういう情報は、バンコク在住の方のブログやニュースなど、ネットで知ることが多いです。

街中もマスク人口が増えていて、すれ違う人の中の半数以上はマスクをしているのでは?という印象。
スクリーンショット 2019-02-05 11.18.50
マスクは、こういうタイプ↑をつけている人が一番多いかなあ。
スクリーンショット 2019-02-05 11.25.32
たまーに、こういうのをつけている人もいます。↑
いやー、こうなると『風の谷のナウシカ』の腐海を連想してしまいますね。

ナウシカの世界のように「マスクなしだと、5分で肺が腐る」とまではいかなくとも、大気汚染の影響で目の不調、喉の不調を感じている人は多いみたいです。

私は、平日は屋外に出ている時間が10分もない生活なので(買い出しもなるべくショッピングモールや、連絡通路を通っているので)PM2.5の影響はあまり感じないけれど、ここ2週間くらい、なんとなく不調というか、倦怠感、無気力を感じています。

先日も二度寝について熱く(?)語ってしまったように、起きづらさや、起きている間もエネルギー不足を感じます。
(関連記事:「現実は今の自分 ルッコラの日常 1月23日〜28日」)

めちゃくちゃ不調というわけではないので「気のせいかな?動こうと思えば動けるかな。怠けているだけかな」と考えてもみるのですが、どうも、気のせいでもなさそうだ、となりまして。

考えてみると、貧血かなあと。まあ、これまでも慢性的に貧血ではあるのだけれども、この漠然とした不調の原因として当てはまるのは貧血かな。
そこで、以下の対策をはじめました。
  • 鉄剤を飲む
IMG_7337
↑薬局でこれを買いました。
100錠で81バーツ(約275円)
  • コーヒーは平日は1日1杯まで(週末の午後とか出先では2杯目以上も飲んでもよいというゆるいルール)
これまで、1日1〜3杯くらいコーヒーを飲んで、それ以外は水。たまにほうじ茶か、緑茶かジンジャーティーなどを飲んでいました。
カフェインは、鉄の吸収を妨げるらしいので、少し控えめにしてみようかと。
絶対ダメ!にしてしまうと辛いので、ゆるーい規制にしようと思います。


それと合わせ、栄養バランスも再度見直してみたいと思います。
比較的、夕食は栄養バランスに気をつけているけれども、朝と昼がテキトーだったなあ、と。(特に朝)

「現代人は食事をとりすぎ、1日1食でも充分」説も聞くし、それなりに共感もするけど、1日1食だと「お腹すきそうだなあ」と思って(笑)現段階ではその説を却下。
以下のルールを加えてみました。
  • アルコールは平日はなし、週末だけ(金曜日は時に週末扱いにしてもOK 笑)
  • 朝食をパンからお米にする
  • おやつのビスケットを当分休み
これまで週に1、2日アルコールをなしにしていて。飲むときは、1回に3杯くらいまでを目安に(オーバーすることもあるけどw)。
アルコール摂取は22時までを目安、としていて、昔よりは随分と節制しているとは思っていたのだけれど、もう一段、抑えてみようと思いまして。

朝食に関しては、パンだと、バターロール、クロワッサン、だけで完結できてしまうけど(手軽でよかったんですけどね)お米ってお米オンリーで食べづらいので、野菜スープやタンパク質のおかずをつける習慣がつきやすい。

おやつにビスケットっていうのは、大好きだけれども、小麦粉、砂糖中毒になっているかもなあ、と思って、当面控えていようと思います。
これまでも、1日2枚くらいまでにしていて量には気をつけてはいたのだけれど。。。

こうやって一気に新ルールを設けると、何が原因で改善したか、何に効果があったかなかったか、わからなくなるのだけれども、まあいいや。

続く限り、このルールで行ってみたいと思います。


【2月1日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 
朝:プラケニル200mg×2 


■食事
朝:
ごはん
オクラとモロヘイヤのスープ

昼:
ウィンナーとルッコラのパスタ

夜:
ごはん
麻婆豆腐
空芯菜の炒めもの
大根と油揚げとキャベツの味噌汁

■運動
プランク20秒
ワイドスクワット10回
ヒップリフト10回
バックキック10回

■体重
前日より0.3kg減 目標体重に対して+1.5kg

■間食
チョコレート


【1月31日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 
朝:プラケニル200mg×2 


■食事
朝:
なし

昼:
ごはん
キムチ
餃子スープ(餃子、長ネギ、にんじん)

夜:
ごはん
生姜焼き ベビーリーフとルッコラ、ミニトマト
ブロッコリーとゆで卵のマヨネーズ和え
大根と長ネギ、わかめの味噌汁

スイカ

■運動
プランク20秒
ワイドスクワット10回
ヒップリフト10回
バックキック10回

■体重
前日より0.8kg減 目標体重に対して+1.2kg

■間食
チョコレート


【1月30日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2
朝:プラケニル200mg×2


■食事
朝:
ごはん
キムチ、塩昆布
オクラとモロヘイヤのスープ

昼:
カレーライス

夜:
ごはん
手羽元と卵の煮物
小松菜のナムル
ベビーリーフ、ルッコラ、ウィンナー、アーモンド、カッテージチーズのサラダ
豆腐とわかめと玉ねぎの味噌汁


■運動
プランク20秒
ワイドスクワット10回
ヒップリフト10回
バックキック10回

■体重
前日より0.1kg減 目標体重に対して+2.0kg

■間食
ヨーグルト
チョコレート

☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

プラケニルの価格について追記 ルッコラの日常 4月10日

カテゴリ:
先日書いたプラケニルの価格の件。日本で購入した時の価格についてコメントで情報を頂いたので、こちらでも共有します。情報ありがとうございました!

(関連記事:「プラケニルをタイから個人輸入したときの価格 ルッコラの日常 4月3日」)
(関連記事:「プラケニルをタイから個人輸入 ルッコラの日常 3月17日」)


【プラケニル200mg錠の価格】

◆日本で購入

1錠約400円

※上記、保険適用前の価格です。(←2018年4月12日追記)
※特定疾患の助成金対象者は自己負担の上限あり。


◆タイから個人輸入で購入

200錠を20,820円で購入 1錠あたり 104.1円

※「いろはウェブショップ」にて 2018年3月時点の価格
※REG(国際書留)の送料込

私は、別途EMS(国際スピード郵便)の料金3,000円を払いました。
入金後、EMSは3日で到着、REGでは7日で到着が目安です。


◆バムルンラード病院で購入

70錠で3,290バーツ 1錠あたり47バーツ(約160円)

※ただし、こちらは保険適用前の金額で、私は1割を自己負担しているので日頃、1錠あたり約16円で入手していることになります。



■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 
朝:プラケニル200mg×2 


■食事
朝:
トースト
ヨーグルト

昼:
チャーハン(ハム、卵、長ネギ)

夜:
お寿司
味噌汁
サラダ(レタス、パプリカ、ブロッコリー)
ももゼリー

■運動
腹筋0回
足上げ0回
かかと上げ0回
スクワット0回

■体重
前日より増減0kg 目標体重に対して+1.8kg

■間食
チョコレート

☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

プラケニルをタイから個人輸入したときの価格 ルッコラの日常 4月3日

カテゴリ:
先日このブログに書いたように、2月3月の一時帰国の際に、薬の管理でミスをして、プラケニルをタイから個人輸入しました。
自業自得ではありますが、余計な出費でした。
(関連記事「プラケニルをタイから個人輸入 ルッコラの日常 3月17日」)

そういえば、普段、いくらでプラケニルを入手しているのかしら?とふと気になったときに、ちっとも把握出来ていなかった自分に気づいたので、これを機に記録しておこうと思います。


◆タイから個人輸入で購入

200錠を20,820円で購入 1錠あたり 104.1円

※「いろはウェブショップ」にて 2018年3月時点の価格
※REG(国際書留)の送料込

私は、別途EMS(国際スピード郵便)の料金3,000円を払いました。
入金後、EMSは3日で到着、REGでは7日で到着が目安です。


◆バムルンラード病院で購入

70錠で3,290バーツ 1錠あたり47バーツ(約160円)

※ただし、こちらは保険適用前の金額で、私は1割を自己負担しているので日頃、1錠あたり約16円で入手していることになります。


今回、自分の管理ミスで普段の6.5倍の金額を払ってプラケニルを入手したわけです。
しかし、保険のことを抜きで考えれば、「いろはウェブショップ」ではむしろ病院よりも安価で手に入っているというのも驚きでした。

日本ではいくらくらいするのでしょうか。よろしければ、情報をお寄せくださいませ。


■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2  
朝:プラケニル200mg×2


■食事
朝:
トースト
目玉焼き、ハム
ヨーグルト

昼:
納豆ご飯
即席味噌汁

夜:
カレー(豚肉、玉ねぎ、じゃがいも、にんじん)ライス
スナップエンドウ、レタス、アスパラ、ミニトマトのサラダ


■運動
腹筋0回
足上げ0回
かかと上げ0回
スクワット0回

■体重
前日より増減0kg 目標体重に対して+1.7kg

■間食
なし

☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

今度は咳が ルッコラの日常 2月17日〜19日

カテゴリ:
熱が下がって安心していたら、今度はひどい咳に悩まされることになった。
ゴホゴホ、ブホブホ、オエーっとなってしまうあのタイプの咳です。

とにかく、夜の咳がひどくて、もう寝れたもんじゃない。
夜はひたすら咳をし続けて、昼間、多少おさまった時間にうとうとする、という繰り返し。
市販の風邪薬、パプロンを飲んでもあまり効果を感じない。

効果があったのは、姉が作ってくれた特製ドリンク。
ハーブティーにマヌカハニーを溶かしたものだ。これを飲むと、咳とぜいぜいした状態がやわらぐ。
私がゴホゴホとむせる度にベッドまでドリンクを持ってきてくれた。
IMG_3343
とはいえ、一時的に緩和はしても咳はとまらず、もういい加減、肋骨も腹筋も限界だ、というところまで来てしまい、再度病院へ。

インフルエンザが回復しても咳だけ残る人もいるとかで、薬を処方してもらいました。
「ホクナリンテープ」という貼り薬。
IMG_3340
気管支が拡張して、咳やたん、息苦しさが改善するのだそう。
前回の吸入タイプの薬といい、貼り薬といい、初めての薬に驚くばかり。

その他、飲み薬を5種処方されました。

・クラリスロマイシン錠200mg
 細菌の感染を抑える 1日2回 1回1錠 朝夜
・ロキソプロフェンナトリウム錠60mg
 痛みや炎症を抑える 1日3回 1回1錠 朝昼夜
・カルボシステイン錠500mg(テバ)
 膿、痰を出しやすくする薬  1日3回 1回1錠 朝昼夜
・アスペリン錠20 20mg
 咳を鎮め、痰を切る薬  1日3回 1回1錠 朝昼夜
・レバミピド錠100mg
    胃の粘膜を保護する薬     1日3回 1回1錠 朝昼夜

久々に薬ざんまいです。


■薬
【2月17日】
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 パプロンSゴールドW錠×2×3回
朝:プラケニル200mg×2  パプロンSゴールドW錠×2
昼:パプロンSゴールドW錠×2
夜:パプロンSゴールドW錠×2

【2月18日】
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 パプロンSゴールドW錠×2×3回
朝:プラケニル200mg×2  パプロンSゴールドW錠×2
昼:パプロンSゴールドW錠×2
夜:パプロンSゴールドW錠×2

【2月19日】
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン錠50mg
朝:プラケニル200mg×2  イムラン錠50mg
昼:クラリスロマイシン錠200mg  ロキソプロフェンナトリウム錠60mg  カルボシステイン錠500mg(テバ)アスペリン錠20 20mg   レバミピド錠100mg   ホクナリンテープ(貼り薬)
夜:ロキソプロフェンナトリウム錠60mg  カルボシステイン錠500mg(テバ)アスペリン錠20 20mg   レバミピド錠100mg 


☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ

見出し画像
×