カテゴリ

カテゴリ:SLE(全身性エリテマトーデス)

プレドニン10mg→7.5mgと10mgを隔日服用へ ルッコラの日常 8月9日~11日

カテゴリ:
1か月ぶりの内科の診察に行ってきました。今回はいつも通りの血液検査と尿検査に加えて、骨密度の検査をしてきました。

結果
血小板数
9.3万個/ul(8月11日)
※基準値15.8〜34.8×10^3/u

1番心配だった血小板数はやや回復。下げ止まったと判断します。(詳しい検査結果は下部に記載)
が、骨密度が思ったよりも下がっていました。治療を始めた当初の検査では、80%で問題なしだったのに。。。


■骨密度の検査
大腿骨R
骨密度0.553g/c㎡
若い人と比較した値70%
同年代と比較した値は74%

大腿骨L
骨密度0.575g/c㎡
若い人と比較した値73%
同年代と比較した値は77%

腰椎L
骨密度0.794g/c㎡
若い人と比較した値78%
同年代と比較した値は79%


要因として、ステロイドの服用の影響もあると思いますが、運動不足もありそうです。
サボっていた筋トレを復活し、スクワット、かかとあげ、散歩の機会を増やしていこうと思います。

血小板が下げ止まったとはいえ、ステロイドを減らしすぎると、すぐにまた血小板が減少してしまいそうなので、
プレドニン10mgを毎日服用→7.5mgを10mgを隔日服用
にしたいと思います。
それで、血小板が減少せずに保てたら、次は7.5mgを毎日にしようと思います。

ビタミンD3補給のために服用していたアルファカルシドールカプセルは、生産停止になったとかで、市販のサプリでカバーすることになりました。
FullSizeRender
ひとまず、こちらを買ってみましたが、何か他にもいいものがあれば変えようと思います。
次はまた、1か月後の検診です。
血小板の減少が落ち着いたと思ったら、今度は骨が気になる日々に・・・。さあ、今日も淡々と。



【血小板】
■2021年
9.3万個/ul(8月11日)
8.4万個/ul(7月7日)
12.2万個/ul(6月8日)
9.1万個/ul(5月25日)
10.0万個/ul(4月15日)
12.8万個/ul(4月1日)←ここから日本の病院
7.9万個/ul(1月27日)←タイの病院ここまで
8.9万個/ul(1月6日)

■2020年
7.5万個/ul(12月2日)
9.0万個/ul(11月4日)
8.0万個/ul(9月9日)
9.1万個/ul(7月15日)
13.5万個/ul(5月20日)
13.5万個/ul(3月17日)
9.0万個/ul(1月14日)

■2019年
10.7万個/ul(12月24日)←健康診断
14.5万個/ul(10月22日)
8.9万個/ul(8月13日)
8.0万個/ul(5月28日)
9.6万個/ul(4月2日)
10.0万個/ul(1月29日)

■2018年
17.4万個/ul(11月6日)
26.1万個/ul(9月11日)
※確認中(7月17日)
14.1万個/ul(5月30日)
12.0万個/ul(4月3日)
18.2万個/ul(1月9日)

■2017年
17.0万個/ul(12月12日)
21.5万個/ul(10月17日)
22.0万個/ul(8月29日)
25.7万個/ul(8月1日) 
25.4万個/ul(7月4日)  
25.9万個/ul(6月6日) 
24.5万個/ul(5月3日) 
18.7万個/ul(4月4日)
17.2万個/ul(3月7日)
15.5万個/ul(2月7日) 
8.4万個/ul(1月10日)

■2016年
12.2万個/ul(12月6日)
24.6万個/ul(11月8日) 
28.7万個/ul(10月11日)
28.2万個/ul (9月13日) 
※基準値 15万個〜45万個/ul


【尿検査】 
■2021年
異常なし(8月11日)
異常なし(7月7日)
異常なし(6月8日)
異常なし(5月25日)
異常なし(4月15日)
異常なし(1月27日)
異常なし(1月6日)

■2020年
異常なし(12月2日)
異常なし(11月4日)
異常なし(9月9日)
異常なし(7月15日)
異常なし(5月20日)
検査なし(3月17日)
異常なし(1月14日)

■2019年
タンパク 1+
白血球+1
WBC 50-100 cells/HPF
バクテリア 2+
粘液糸 2+
(10月22日)

検査見送り(8月13日)
異常なし(5月28日)
異常なし(4月2日)
異常なし(1月29日)

■2018年
検査なし(1月9日、4月3日、5月30日、7月17日、9月11日、11月16日)

■2017年
検査なし(12月12日)
異常なし(10月17日)
検査なし(8月29日)
検査なし(8月1日)
異常なし(7月4日)
検査なし(6月6日)
検査なし(5月3日) 
検査なし(4月5日) 
検査なし(3月7日) 
検査なし(2月7日) 
検査なし(1月10日)

■2016年
検査なし(12月6日)
タンパク 1+(11月8日)
タンパク 1+、潜血わずか(10月11日)
異常なし(9月13日) 


【C3/C4】
■2021年
C3:83.0mg/dl(8月11日)
C3:77.0mg/dl(7月7日)
C3:70.0mg/dl(5月25日)
C3:71.0mg/dl(4月15日)
C3:77.8mg/dl(1月27日)
C3:77.7mg/dl(1月6日)

■2020年
C3:74.8mg/dl(12月2日)
C3:90.2mg/dl(11月9日)
C3:90.2mg/dl(9月9日)
C3:84.1mg/dl(7月15日)
C3:79.4mg/dl(5月20日)
C3:77.4mg/dl(3月17日)
C3:80.1mg/dl(1月14日)

■2019年
C3:86.2mg/dl(10月22日)
C3:83.5mg/dl(8月13日)
C3:78.2mg/dl(5月28日)
C3:83.0mg/dl(4月2日)
C3:70.5mg/dl(1月29日)

■2018年
C3:75.4mg/dl(11月6日)
C3:89.5mg/dl(9月11日)
C3:74.4mg/dl(7月17日)
C3:77.7mg/dl(5月30日)
C3:70.0mg/dl(4月3日) 
C3:71.6mg/dl(1月9日)

■2017年
C3:70.0mg/dl(12月12日)
C3:69.8mg/dl(10月17日)
C3:75.4mg/dl(8月29日)
C3:75.4mg/dl(8月1日)
C3:71.4mg/dl(7月4日)
C3:85.8mg/dl(6月6日)
C3:77.0mg/dl(5月3日)  
C3:73.5mg/dl(4月5日)  
C3:80.9mg/dl(3月7日)  
C3:73.4mg/dl(2月7日) 
C3:74.9mg/dl(1月10日)

■2016年
C3:69.6mg/dl(12月6日)
C3:64.8mg/dl(11月8日)
C3:72.3mg/dl(10月11日)
C3:63.3mg/dl(9月13日)
※基準値:83.0〜193.0 

■2021年
C4:11.0mg/dl(8月11日)
C4:9.0mg/dl(7月7日)
C4:7.0mg/dl(5月25日)
C4:8.0mg/dl(4月15日)
C4:10.7mg/dl(1月27日)
C4:9.3mg/dl(1月6日)

■2020年
C4:9.0mg/dl(12月2日)
C4:10.5mg/dl(11月4日)
C4:12.9mg/dl(9月9日)
C4:11.7mg/dl(7月15日)
C4:11.1mg/dl(5月20日)
C4:8.8mg/dl(3月17日)
C4:12.2mg/dl(1月14日)

■2019年
C4:12.9mg/dl(10月22日)
C4:10.7mg/dl(8月13日)
C4:8.9mg/dl(5月28日)
C4:9.7mg/dl(4月2日)
C4:9.6mg/dl(1月29日)

■2018年
C4:10.6mg/dl(11月6日)
C4:12.2mg/dl(9月11日)
C4:10.0mg/dl(7月17日)
C4:9.5mg/dl(5月30日)
C4:7.7mg/dl(4月3日)
C4:8.0mg/dl(1月9日)

■2017年
C4:8.3mg/dl(12月12日)
C4:8.7mg/dl(10月17日)
C4:10.0mg/dl(8月29日)
C4:11.7mg/dl(8月1日)
C4:10.9mg/dl(7月4日)
C4:14.9mg/dl(6月6日)
C4:11.6mg/dl(5月3日)
C4:11.1mg/dl(4月5日)
C4:13.0mg/dl(3月7日)
C4:11.7mg/dl(2月7日)
C4:10.7mg/dl(1月10日) 

■2016年
C4:10.9mg/dl(12月6日) 
C4:9.5mg/dl(11月8日)
C4:9.4mg/dl(10月11日)
C4:8.7mg/dl(9月13日)
※基準値:15.0〜17.0



ヘモグロビン濃度  
■2021年
12.6gm/dl(8月11日)
12.1gm/dl(7月7日)
12.4gm/dl(5月25日)
12.6gm/dl(4月15日)
13.2gm/dl(1月27日)
12.3gm/dl(1月6日)

■2020年
11.8gm/dl(12月2日)
13.4gm/dl(11月4日)
12.7gm/dl(9月9日)
13.5gm/dl(7月15日)
12.4gm/dl(5月20日)
12.3gm/dl(3月17日)
12.2gm/dl(1月14日)

■2019年
12.3gm/dl(10月22日)
12.6gm/dl(8月13日)
12.9gm/dl(5月28日)
12.6gm/dl(4月2日)
11.9gm/dl(1月29日)

■2018年
11.4gm/dl(11月6日)
11.9gm/dl(9月11日)
11.9gm/dl(7月17日)
12.6gm/dl(5月30日)
11.3gm/dl(4月3日)
12.8gm/dl(1月9日)

■2017年
12.2gm/dl(12月12日)
11.7gm/dl(10月17日)
11.8gm/dl(8月29日) 
11.9gm/dl(8月1日) 
12.2gm/dl(7月4日)  
12.4gm/dl(6月6日)  
12.7gm/dl(5月3日)  
12.0gm/dl(4月5日) 
12.8gm/dl(3月7日) 
11.6gm/dl(2月7日)
11.4gm/dl(1月10日)

■2016年 
11.8gm/dl(12月6日)  
11.4gm/dl(11月8日) 
12.1gm/dl(10月11日)
10.6gm/dl(9月13日)
※基準値:12.00〜16.00 

白血球  
■2021年
7.4×10^3/ul(8月11日)
6.3×10^3/ul(7月7日)
5.4×10^3/ul(5月25日)
5.7×10^3/ul(4月15日)
5.0×10^3/ul(1月27日)
5.2×10^3/ul(1月6日)

■2020年
2.6×10^3/ul(12月2日)
3.6×10^3/ul(9月9日)
4.1×10^3/ul(9月9日)
3.6×10^3/ul(7月15日)
3.7×10^3/ul(5月20日)
3.1×10^3/ul(3月17日)
3.3×10^3/ul(1月14日)

■2019年
2.7×10^3/ul(12月24日)←健康診断
3.2×10^3/ul(10月22日)
3.1×10^3/ul(8月13日)
4.3×10^3/ul(5月28日)
3.5×10^3/ul(4月2日)
3.0×10^3/ul(1月29日)

■2018年
4.2×10^3/ul(11月6日)
3.3×10^3/ul(9月11日)
2.6×10^3/ul(7月17日)
2.8×10^3/ul(5月30日)
3.2×10^3/ul(4月3日)
3.1×10^3/ul(1月9日)

■2017年
3.0×10^3/ul(12月12日) 
3.4×10^3/ul(10月17日) 
3.0×10^3/ul(8月29日) 
3.2×10^3/ul(8月1日) 
3.3×10^3/ul(7月4日) 
3.9×10^3/ul(6月6日) 
3.7×10^3/ul(5月3日) 
3.4×10^3/ul(4月5日)    
3.4×10^3/ul(3月7日)    
3.2×10^3/ul(2月7日)   
3.0×10^3/ul(1月10日)  

■2016年
3.1×10^3/ul(12月6日) 
3.1×10^3/ul(11月8日)
2.9×10^3/ul(10月11日)
4.0×10^3/ul(9月13日)
※基準値:4.5×10^3/ul〜10.0×10^3/ul

【薬の服用量の増減】
プラケニル200mg×1、200mg×2を隔日服用を維持
タクロリムス3mgを毎日服用を維持
プレドニン10mgを毎日服用を維持→7.5mgと10mgを隔日服用
アルファカルシドールカプセル0.5ugを終了
メナテトレノンカプセル15mgを維持





【8月11日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 プレドニン10mg
タクロリムス3mg メナテトレノン15mg アルファカルシドール0.5ug
朝:プラケニル200mg×2 プレドニン10mg メナテトレノン15mg アルファカルシドール0.5ug
夜:タクロリムス3mg


■食事
朝:
ハム&チーズトースト
ヨーグルト(キウイ、はちみつ、チアシード)

昼:
ドーナツ
チキンブリトー

夜:
白米
かつおのたたき
ちくわとししとうのピリ辛炒め
チキン南蛮
キャベツと油揚げの味噌汁


■運動
スクワット30回
かかとあげ30回
腕立て30回
腹筋30回

■体重
前日より0.2kg減 目標体重より+1.7kg

■間食
なし

【8月10日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×1 プレドニン10mg
タクロリムス3mg メナテトレノン15mg アルファカルシドール0.5ug
朝:プラケニル200mg×1 プレドニン10mg メナテトレノン15mg アルファカルシドール0.5ug
夜:タクロリムス3mg


■食事
朝:
バナナ

昼:
納豆&昆布ごはん

夜:
白米
鮭の梅照り焼き
じゃこピーマン
キムチとキュウリの和え物
とうもろこし
オクラとトマトの豚汁


■運動
スクワット30回
かかとあげ30回
腕立て30回
腹筋30回

■体重
目標体重より+1.5kg

■間食
ところてん


【8月9日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 プレドニン10mg
タクロリムス3mg メナテトレノン15mg アルファカルシドール0.5ug
朝:プラケニル200mg×2 プレドニン10mg メナテトレノン15mg アルファカルシドール0.5ug
夜:タクロリムス3mg


■食事
朝:
バナナ

昼:
※外食
鯖サンド、サラダ

夜:
白米
豚肉のうにしょうゆ焼き レタス、ミニトマト
きゅうりとナスと大葉の和え物
油揚げと小松菜の味噌汁

もも


■運動
スクワット30回
かかとあげ30回
腕立て30回
腹筋30回

■体重
測定を失念

■間食
焼き菓子

☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

プレドニン10mgで維持&ビタミン剤追加 ルッコラの日常 7月7日

カテゴリ:
本日は、1か月ぶりの診察です。旅行の翌日は疲れが残ると思ったので、翌日にずらそうかと思ったのですが、予約がいっぱいで変更できませんでした。もっと早く気づいていればよかった。

さて、いつもの通り血液検査と尿検査を済ませて、診察へ。

結果
血小板数
8.4万個/ul(7月7日)
※基準値15.8〜34.8×10^3/u

前回より下がりました。プレドニンを15mg→10mgに減らしたことと、旅行疲れ、日焼けも原因ですかね。
プレドニンは10mgで維持、ビタミン剤(ビタミンDとビタミンK)が追加になりました。次回は骨密度も検査します。

先生と私の会話↓

私:「昨日まで4日間、沖縄に行ってきたんですよー」
先生:「それはよかったですねえ」
私:「それで、やらかしてしまって、日焼けしちゃったんです。それって血小板にも影響しますよね?」
(とズボンをめくって焦げた場所を見せる)

先生:「わー、結構、やらかしちゃってますね。どうしたんですか?」
私:「日焼け止めを塗り忘れてしまって」
先生:「女性で珍しくないですか。影響、しますよ、します。わー、気を付けてくださいね」

と、普段、おだやかふんわり口調の先生が、日焼けを見た途端、声のボリュームと声の抑揚が強くなっていたので、あ、私やっぱり、わりとやらかしちゃったんだなあ、と。

前回のブログでも書きましたが、自業自得。気を付けたいと思います。



【血小板】
■2021年
8.4万個/ul(7月7日)
12.2万個/ul(6月8日)
9.1万個/ul(5月25日)
10.0万個/ul(4月15日)
12.8万個/ul(4月1日)←ここから日本の病院
7.9万個/ul(1月27日)←タイの病院ここまで
8.9万個/ul(1月6日)

■2020年
7.5万個/ul(12月2日)
9.0万個/ul(11月4日)
8.0万個/ul(9月9日)
9.1万個/ul(7月15日)
13.5万個/ul(5月20日)
13.5万個/ul(3月17日)
9.0万個/ul(1月14日)

■2019年
10.7万個/ul(12月24日)←健康診断
14.5万個/ul(10月22日)
8.9万個/ul(8月13日)
8.0万個/ul(5月28日)
9.6万個/ul(4月2日)
10.0万個/ul(1月29日)

■2018年
17.4万個/ul(11月6日)
26.1万個/ul(9月11日)
※確認中(7月17日)
14.1万個/ul(5月30日)
12.0万個/ul(4月3日)
18.2万個/ul(1月9日)

■2017年
17.0万個/ul(12月12日)
21.5万個/ul(10月17日)
22.0万個/ul(8月29日)
25.7万個/ul(8月1日) 
25.4万個/ul(7月4日)  
25.9万個/ul(6月6日) 
24.5万個/ul(5月3日) 
18.7万個/ul(4月4日)
17.2万個/ul(3月7日)
15.5万個/ul(2月7日) 
8.4万個/ul(1月10日)

■2016年
12.2万個/ul(12月6日)
24.6万個/ul(11月8日) 
28.7万個/ul(10月11日)
28.2万個/ul (9月13日) 
※基準値 15万個〜45万個/ul


【尿検査】 
■2021年
異常なし(7月7日)
異常なし(6月8日)
異常なし(5月25日)
異常なし(4月15日)
異常なし(1月27日)
異常なし(1月6日)

■2020年
異常なし(12月2日)
異常なし(11月4日)
異常なし(9月9日)
異常なし(7月15日)
異常なし(5月20日)
検査なし(3月17日)
異常なし(1月14日)

■2019年
タンパク 1+
白血球+1
WBC 50-100 cells/HPF
バクテリア 2+
粘液糸 2+
(10月22日)

検査見送り(8月13日)
異常なし(5月28日)
異常なし(4月2日)
異常なし(1月29日)

■2018年
検査なし(1月9日、4月3日、5月30日、7月17日、9月11日、11月16日)

■2017年
検査なし(12月12日)
異常なし(10月17日)
検査なし(8月29日)
検査なし(8月1日)
異常なし(7月4日)
検査なし(6月6日)
検査なし(5月3日) 
検査なし(4月5日) 
検査なし(3月7日) 
検査なし(2月7日) 
検査なし(1月10日)

■2016年
検査なし(12月6日)
タンパク 1+(11月8日)
タンパク 1+、潜血わずか(10月11日)
異常なし(9月13日) 


【C3/C4】
■2021年
C3:77.0mg/dl(7月7日)
C3:70.0mg/dl(5月25日)
C3:71.0mg/dl(4月15日)
C3:77.8mg/dl(1月27日)
C3:77.7mg/dl(1月6日)

■2020年
C3:74.8mg/dl(12月2日)
C3:90.2mg/dl(11月9日)
C3:90.2mg/dl(9月9日)
C3:84.1mg/dl(7月15日)
C3:79.4mg/dl(5月20日)
C3:77.4mg/dl(3月17日)
C3:80.1mg/dl(1月14日)

■2019年
C3:86.2mg/dl(10月22日)
C3:83.5mg/dl(8月13日)
C3:78.2mg/dl(5月28日)
C3:83.0mg/dl(4月2日)
C3:70.5mg/dl(1月29日)

■2018年
C3:75.4mg/dl(11月6日)
C3:89.5mg/dl(9月11日)
C3:74.4mg/dl(7月17日)
C3:77.7mg/dl(5月30日)
C3:70.0mg/dl(4月3日) 
C3:71.6mg/dl(1月9日)

■2017年
C3:70.0mg/dl(12月12日)
C3:69.8mg/dl(10月17日)
C3:75.4mg/dl(8月29日)
C3:75.4mg/dl(8月1日)
C3:71.4mg/dl(7月4日)
C3:85.8mg/dl(6月6日)
C3:77.0mg/dl(5月3日)  
C3:73.5mg/dl(4月5日)  
C3:80.9mg/dl(3月7日)  
C3:73.4mg/dl(2月7日) 
C3:74.9mg/dl(1月10日)

■2016年
C3:69.6mg/dl(12月6日)
C3:64.8mg/dl(11月8日)
C3:72.3mg/dl(10月11日)
C3:63.3mg/dl(9月13日)
※基準値:83.0〜193.0 

■2021年
C4:9.0mg/dl(7月7日)
C4:7.0mg/dl(5月25日)
C4:8.0mg/dl(4月15日)
C4:10.7mg/dl(1月27日)
C4:9.3mg/dl(1月6日)

■2020年
C4:9.0mg/dl(12月2日)
C4:10.5mg/dl(11月4日)
C4:12.9mg/dl(9月9日)
C4:11.7mg/dl(7月15日)
C4:11.1mg/dl(5月20日)
C4:8.8mg/dl(3月17日)
C4:12.2mg/dl(1月14日)

■2019年
C4:12.9mg/dl(10月22日)
C4:10.7mg/dl(8月13日)
C4:8.9mg/dl(5月28日)
C4:9.7mg/dl(4月2日)
C4:9.6mg/dl(1月29日)

■2018年
C4:10.6mg/dl(11月6日)
C4:12.2mg/dl(9月11日)
C4:10.0mg/dl(7月17日)
C4:9.5mg/dl(5月30日)
C4:7.7mg/dl(4月3日)
C4:8.0mg/dl(1月9日)

■2017年
C4:8.3mg/dl(12月12日)
C4:8.7mg/dl(10月17日)
C4:10.0mg/dl(8月29日)
C4:11.7mg/dl(8月1日)
C4:10.9mg/dl(7月4日)
C4:14.9mg/dl(6月6日)
C4:11.6mg/dl(5月3日)
C4:11.1mg/dl(4月5日)
C4:13.0mg/dl(3月7日)
C4:11.7mg/dl(2月7日)
C4:10.7mg/dl(1月10日) 

■2016年
C4:10.9mg/dl(12月6日) 
C4:9.5mg/dl(11月8日)
C4:9.4mg/dl(10月11日)
C4:8.7mg/dl(9月13日)
※基準値:15.0〜17.0



ヘモグロビン濃度  
■2021年
12.4gm/dl(5月25日)
12.6gm/dl(4月15日)
13.2gm/dl(1月27日)
12.3gm/dl(1月6日)

■2020年
11.8gm/dl(12月2日)
13.4gm/dl(11月4日)
12.7gm/dl(9月9日)
13.5gm/dl(7月15日)
12.4gm/dl(5月20日)
12.3gm/dl(3月17日)
12.2gm/dl(1月14日)

■2019年
12.3gm/dl(10月22日)
12.6gm/dl(8月13日)
12.9gm/dl(5月28日)
12.6gm/dl(4月2日)
11.9gm/dl(1月29日)

■2018年
11.4gm/dl(11月6日)
11.9gm/dl(9月11日)
11.9gm/dl(7月17日)
12.6gm/dl(5月30日)
11.3gm/dl(4月3日)
12.8gm/dl(1月9日)

■2017年
12.2gm/dl(12月12日)
11.7gm/dl(10月17日)
11.8gm/dl(8月29日) 
11.9gm/dl(8月1日) 
12.2gm/dl(7月4日)  
12.4gm/dl(6月6日)  
12.7gm/dl(5月3日)  
12.0gm/dl(4月5日) 
12.8gm/dl(3月7日) 
11.6gm/dl(2月7日)
11.4gm/dl(1月10日)

■2016年 
11.8gm/dl(12月6日)  
11.4gm/dl(11月8日) 
12.1gm/dl(10月11日)
10.6gm/dl(9月13日)
※基準値:12.00〜16.00 

白血球  
■2021年
6.3×10^3/ul(7月7日)
5.4×10^3/ul(5月25日)
5.7×10^3/ul(4月15日)
5.0×10^3/ul(1月27日)
5.2×10^3/ul(1月6日)

■2020年
2.6×10^3/ul(12月2日)
3.6×10^3/ul(9月9日)
4.1×10^3/ul(9月9日)
3.6×10^3/ul(7月15日)
3.7×10^3/ul(5月20日)
3.1×10^3/ul(3月17日)
3.3×10^3/ul(1月14日)

■2019年
2.7×10^3/ul(12月24日)←健康診断
3.2×10^3/ul(10月22日)
3.1×10^3/ul(8月13日)
4.3×10^3/ul(5月28日)
3.5×10^3/ul(4月2日)
3.0×10^3/ul(1月29日)

■2018年
4.2×10^3/ul(11月6日)
3.3×10^3/ul(9月11日)
2.6×10^3/ul(7月17日)
2.8×10^3/ul(5月30日)
3.2×10^3/ul(4月3日)
3.1×10^3/ul(1月9日)

■2017年
3.0×10^3/ul(12月12日) 
3.4×10^3/ul(10月17日) 
3.0×10^3/ul(8月29日) 
3.2×10^3/ul(8月1日) 
3.3×10^3/ul(7月4日) 
3.9×10^3/ul(6月6日) 
3.7×10^3/ul(5月3日) 
3.4×10^3/ul(4月5日)    
3.4×10^3/ul(3月7日)    
3.2×10^3/ul(2月7日)   
3.0×10^3/ul(1月10日)  

■2016年
3.1×10^3/ul(12月6日) 
3.1×10^3/ul(11月8日)
2.9×10^3/ul(10月11日)
4.0×10^3/ul(9月13日)
※基準値:4.5×10^3/ul〜10.0×10^3/ul

【薬の服用量の増減】
プラケニル200mg×1、200mg×2を隔日服用を維持
タクロリムス3mgを毎日服用を維持
プレドニン10mgを毎日服用を維持
アルファカルシドールカプセル0.5ugを追加
メナテトレノンカプセル15mgを追加


【7月7日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×1  プレドニン10mg
タクロリムス3mg
朝:プラケニル200mg×1  プレドニン10mg
夜:タクロリムス3mg


■食事
朝:
ハム&チーズトースト

昼:
※テイクアウト
てりやきバーガーセット(バーガー、ポテト、コーラ)

夜:
白米
餃子
ツナときゅうりの和えもの
しめじとじゃがいもと小松菜の味噌汁


■運動
スクワット0回
かかとあげ0回
腕立て0回
腹筋0回

■体重
測定を失念

■間食
カフェモカ

☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

血小板回復 プレドニン15mg→10mgへ ルッコラの日常 6月1日〜8日

カテゴリ:
急に暑くなりましたね。バンコクみたい!さあ、今週も淡々と。
火曜日は、2週間ぶりの病院へ。いつもの通り、血液検査と尿検査をしてから診察です。

結果
血小板数
12.2万個/ul(6月8日)
※基準値15.8〜34.8×10^3/ul

前回は、

イムラン(アザチオプリン)を中止→タクロリムス3mgを服用開始
プレドニン10mg→15mgに増量

し、今回、血小板が回復したので、プレドニンを15mg→10mgへ減量します。
これで、血小板を維持できれば、タクロリムスが効いたことになりますし、減少するようであれば、プレドニンを増量したから回復しただけ、ということになります。

維持できると嬉しいなあ。次回は、1ヶ月後に。

また、今回は肺炎球菌のワクチンも打ってきました。
前回のときに、風邪をひくと悪化しやすく、とくに咳が残りやすい。気管支系が弱くて肺炎のリスクも心配だ、と相談すると、肺炎球菌のワクチンを打っておくといい、ということで受けてきました。

自費で約12000円。たかっ!と思いましたが、でも、私にとっては打つ価値ありかな、と思います。



【血小板】
■2021年
12.2万個/ul(6月8日)
9.1万個/ul(5月25日)
10.0万個/ul(4月15日)
12.8万個/ul(4月1日)←ここから日本の病院
7.9万個/ul(1月27日)←タイの病院ここまで
8.9万個/ul(1月6日)

■2020年
7.5万個/ul(12月2日)
9.0万個/ul(11月4日)
8.0万個/ul(9月9日)
9.1万個/ul(7月15日)
13.5万個/ul(5月20日)
13.5万個/ul(3月17日)
9.0万個/ul(1月14日)

■2019年
10.7万個/ul(12月24日)←健康診断
14.5万個/ul(10月22日)
8.9万個/ul(8月13日)
8.0万個/ul(5月28日)
9.6万個/ul(4月2日)
10.0万個/ul(1月29日)

■2018年
17.4万個/ul(11月6日)
26.1万個/ul(9月11日)
※確認中(7月17日)
14.1万個/ul(5月30日)
12.0万個/ul(4月3日)
18.2万個/ul(1月9日)

■2017年
17.0万個/ul(12月12日)
21.5万個/ul(10月17日)
22.0万個/ul(8月29日)
25.7万個/ul(8月1日) 
25.4万個/ul(7月4日)  
25.9万個/ul(6月6日) 
24.5万個/ul(5月3日) 
18.7万個/ul(4月4日)
17.2万個/ul(3月7日)
15.5万個/ul(2月7日) 
8.4万個/ul(1月10日)

■2016年
12.2万個/ul(12月6日)
24.6万個/ul(11月8日) 
28.7万個/ul(10月11日)
28.2万個/ul (9月13日) 
※基準値 15万個〜45万個/ul

【尿検査】 

■2021年
異常なし(5月25日)
異常なし(4月15日)
異常なし(1月27日)
異常なし(1月6日)

■2020年
異常なし(12月2日)
異常なし(11月4日)
異常なし(9月9日)
異常なし(7月15日)
異常なし(5月20日)
検査なし(3月17日)
異常なし(1月14日)

■2019年
タンパク 1+
白血球+1
WBC 50-100 cells/HPF
バクテリア 2+
粘液糸 2+
(10月22日)

検査見送り(8月13日)
異常なし(5月28日)
異常なし(4月2日)
異常なし(1月29日)

■2018年
検査なし(1月9日、4月3日、5月30日、7月17日、9月11日、11月16日)

■2017年
検査なし(12月12日)
異常なし(10月17日)
検査なし(8月29日)
検査なし(8月1日)
異常なし(7月4日)
検査なし(6月6日)
検査なし(5月3日) 
検査なし(4月5日) 
検査なし(3月7日) 
検査なし(2月7日) 
検査なし(1月10日)

■2016年
検査なし(12月6日)
タンパク 1+(11月8日)
タンパク 1+、潜血わずか(10月11日)
異常なし(9月13日) 


【C3/C4】
■2021年
C3:70.0mg/dl(4月15日)
C3:71.0mg/dl(4月15日)
C3:77.8mg/dl(1月27日)
C3:77.7mg/dl(1月6日)

■2020年
C3:74.8mg/dl(12月2日)
C3:90.2mg/dl(11月9日)
C3:90.2mg/dl(9月9日)
C3:84.1mg/dl(7月15日)
C3:79.4mg/dl(5月20日)
C3:77.4mg/dl(3月17日)
C3:80.1mg/dl(1月14日)

■2019年
C3:86.2mg/dl(10月22日)
C3:83.5mg/dl(8月13日)
C3:78.2mg/dl(5月28日)
C3:83.0mg/dl(4月2日)
C3:70.5mg/dl(1月29日)

■2018年
C3:75.4mg/dl(11月6日)
C3:89.5mg/dl(9月11日)
C3:74.4mg/dl(7月17日)
C3:77.7mg/dl(5月30日)
C3:70.0mg/dl(4月3日) 
C3:71.6mg/dl(1月9日)

■2017年
C3:70.0mg/dl(12月12日)
C3:69.8mg/dl(10月17日)
C3:75.4mg/dl(8月29日)
C3:75.4mg/dl(8月1日)
C3:71.4mg/dl(7月4日)
C3:85.8mg/dl(6月6日)
C3:77.0mg/dl(5月3日)  
C3:73.5mg/dl(4月5日)  
C3:80.9mg/dl(3月7日)  
C3:73.4mg/dl(2月7日) 
C3:74.9mg/dl(1月10日)

■2016年
C3:69.6mg/dl(12月6日)
C3:64.8mg/dl(11月8日)
C3:72.3mg/dl(10月11日)
C3:63.3mg/dl(9月13日)
※基準値:83.0〜193.0 

■2021年
C4:7.0mg/dl(5月25日)
C4:8.0mg/dl(4月15日)
C4:10.7mg/dl(1月27日)
C4:9.3mg/dl(1月6日)

■2020年
C4:9.0mg/dl(12月2日)
C4:10.5mg/dl(11月4日)
C4:12.9mg/dl(9月9日)
C4:11.7mg/dl(7月15日)
C4:11.1mg/dl(5月20日)
C4:8.8mg/dl(3月17日)
C4:12.2mg/dl(1月14日)

■2019年
C4:12.9mg/dl(10月22日)
C4:10.7mg/dl(8月13日)
C4:8.9mg/dl(5月28日)
C4:9.7mg/dl(4月2日)
C4:9.6mg/dl(1月29日)

■2018年
C4:10.6mg/dl(11月6日)
C4:12.2mg/dl(9月11日)
C4:10.0mg/dl(7月17日)
C4:9.5mg/dl(5月30日)
C4:7.7mg/dl(4月3日)
C4:8.0mg/dl(1月9日)

■2017年
C4:8.3mg/dl(12月12日)
C4:8.7mg/dl(10月17日)
C4:10.0mg/dl(8月29日)
C4:11.7mg/dl(8月1日)
C4:10.9mg/dl(7月4日)
C4:14.9mg/dl(6月6日)
C4:11.6mg/dl(5月3日)
C4:11.1mg/dl(4月5日)
C4:13.0mg/dl(3月7日)
C4:11.7mg/dl(2月7日)
C4:10.7mg/dl(1月10日) 

■2016年
C4:10.9mg/dl(12月6日) 
C4:9.5mg/dl(11月8日)
C4:9.4mg/dl(10月11日)
C4:8.7mg/dl(9月13日)
※基準値:15.0〜17.0



ヘモグロビン濃度  
■2021年
12.4gm/dl(5月25日)
12.6gm/dl(4月15日)
13.2gm/dl(1月27日)
12.3gm/dl(1月6日)

■2020年
11.8gm/dl(12月2日)
13.4gm/dl(11月4日)
12.7gm/dl(9月9日)
13.5gm/dl(7月15日)
12.4gm/dl(5月20日)
12.3gm/dl(3月17日)
12.2gm/dl(1月14日)

■2019年
12.3gm/dl(10月22日)
12.6gm/dl(8月13日)
12.9gm/dl(5月28日)
12.6gm/dl(4月2日)
11.9gm/dl(1月29日)

■2018年
11.4gm/dl(11月6日)
11.9gm/dl(9月11日)
11.9gm/dl(7月17日)
12.6gm/dl(5月30日)
11.3gm/dl(4月3日)
12.8gm/dl(1月9日)

■2017年
12.2gm/dl(12月12日)
11.7gm/dl(10月17日)
11.8gm/dl(8月29日) 
11.9gm/dl(8月1日) 
12.2gm/dl(7月4日)  
12.4gm/dl(6月6日)  
12.7gm/dl(5月3日)  
12.0gm/dl(4月5日) 
12.8gm/dl(3月7日) 
11.6gm/dl(2月7日)
11.4gm/dl(1月10日)

■2016年 
11.8gm/dl(12月6日)  
11.4gm/dl(11月8日) 
12.1gm/dl(10月11日)
10.6gm/dl(9月13日)
※基準値:12.00〜16.00 

白血球  
■2021年
5.4×10^3/ul(5月25日)
5.7×10^3/ul(4月15日)
5.0×10^3/ul(1月27日)
5.2×10^3/ul(1月6日)

■2020年
2.6×10^3/ul(12月2日)
3.6×10^3/ul(9月9日)
4.1×10^3/ul(9月9日)
3.6×10^3/ul(7月15日)
3.7×10^3/ul(5月20日)
3.1×10^3/ul(3月17日)
3.3×10^3/ul(1月14日)

■2019年
2.7×10^3/ul(12月24日)←健康診断
3.2×10^3/ul(10月22日)
3.1×10^3/ul(8月13日)
4.3×10^3/ul(5月28日)
3.5×10^3/ul(4月2日)
3.0×10^3/ul(1月29日)

■2018年
4.2×10^3/ul(11月6日)
3.3×10^3/ul(9月11日)
2.6×10^3/ul(7月17日)
2.8×10^3/ul(5月30日)
3.2×10^3/ul(4月3日)
3.1×10^3/ul(1月9日)

■2017年
3.0×10^3/ul(12月12日) 
3.4×10^3/ul(10月17日) 
3.0×10^3/ul(8月29日) 
3.2×10^3/ul(8月1日) 
3.3×10^3/ul(7月4日) 
3.9×10^3/ul(6月6日) 
3.7×10^3/ul(5月3日) 
3.4×10^3/ul(4月5日)    
3.4×10^3/ul(3月7日)    
3.2×10^3/ul(2月7日)   
3.0×10^3/ul(1月10日)  

■2016年
3.1×10^3/ul(12月6日) 
3.1×10^3/ul(11月8日)
2.9×10^3/ul(10月11日)
4.0×10^3/ul(9月13日)
※基準値:4.5×10^3/ul〜10.0×10^3/ul

【薬の服用量の増減】
プラケニル200mg×1、200mg×2を隔日服用を維持
タクロリムス3mgを毎日服用を維持
プレドニン15mgを毎日服用→10mgへ減量


【6月8日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 プレドニン15mg    タクロリムス3mg
朝:プラケニル200mg×2 プレドニン15mg
夜:タクロリムス3mg


■食事
朝:
バナナ

昼:
ハムエッグデニッシュ
アンバタフランス

夜:
白米
ハーブチキン ベビーリーフ
トマトのパン粉焼き
枝豆
もやしとほうれん草の味噌汁

オレンジ


■運動
スクワット0回
かかとあげ0回
腕立て0回

■体重
前日より増減0 目標体重に対して+0.4kg

■間食
なし


【6月7日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×1 プレドニン15mg    タクロリムス3mg
朝:プラケニル200mg×1 プレドニン15mg
夜:タクロリムス3mg


■食事
朝:
バナナ

昼:
お弁当(白米、焼売、ブロッコリー、ミニトマト、とうもろこし)
キウイ

夜:
キーマカレー 、豆カレー、チキンカレーをシェア
カレーナン
ゼリー


■運動
スクワット0回
かかとあげ0回
腕立て0回

■体重
前日より0.3kg増 目標体重に対して+0.4kg

■間食
なし


【6月6日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 プレドニン15mg    タクロリムス3mg
朝:プラケニル200mg×2 プレドニン15mg
夜:タクロリムス3mg


■食事
朝:
トースト
目玉焼き、ウィンナー
ヨーグルト(バナナ、キウイ、チアシード、ハチミツ)

昼:
※外食
ハンバーガー、ポテト、コーラ

夜:
ドライトマトとあさりのパスタ
サラダ(きゅうり、ミニトマト、パプリカ、ベビーリーフ、グレープフルーツ)

ビール×1

晩酌:
赤ワイン×1


■運動
スクワット0回
かかとあげ0回
腕立て0回

■体重
前日より0.7kg減 目標体重に対して+0.1kg

■間食
ケーキ

【6月5日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×1  プレドニン15mg    タクロリムス3mg
朝:プラケニル200mg×1 プレドニン15mg
夜:タクロリムス3mg


■食事
朝:
ハム&チーズトースト
ヨーグルト(バナナ、キウイ、チアシード、ハチミツ)

昼:
お好み焼きをシェア

夜:
白米
餃子
ほうれん草、もやし、にんじんのナムル
大根の味噌汁

晩酌:
赤ワイン×2


■運動
スクワット30回
かかとあげ30回
腕立て10回
腹筋30回

■体重
前日より0.3kg増 目標体重に対して+0.8kg

■間食
アイスクリーム


【6月4日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 プレドニン15mg    タクロリムス3mg
朝:プラケニル200mg×2 プレドニン15mg
夜:タクロリムス3mg


■食事
朝:
はちみつバタートースト

昼:
冷やし中華(たまご、ハム、きゅうり、ミニトマト)

夜:
白米
春巻き(豚ひき肉、玉ねぎ、大葉、しょうが)
サラダ(キヌア、きゅうり、パプリカ、アボカド、ミニトマト、パクチー)
豆腐とわかめと小ねぎの味噌汁


■運動
スクワット30回
かかとあげ30回
腕立て10回

■体重
前日より増減0.4kg 目標体重に対して+0.5kg

■間食
バナナ


【6月3日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×1 プレドニン15mg    タクロリムス3mg
朝:プラケニル200mg×1  プレドニン15mg
夜:タクロリムス3mg


■食事
朝:
いちごジャムトースト

昼:
ナポリタン(ウィンナー、玉ねぎ、ピーマン)

夜:
パクチーライス(ひき肉、パクチー、ミニトマト)
レタスとグレープフルーツのサラダ
大根とにんじんとわかめの味噌汁


■運動
スクワット15回
かかとあげ30回
腕立て10回

■体重
前日より増減0.3kg 目標体重に対して+0.1kg

■間食
バナナ


【6月2日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 プレドニン15mg    タクロリムス3mg
朝:プラケニル200mg×2  プレドニン15mg
夜:タクロリムス3mg


■食事
朝:
バター&はちみつトースト

昼:
白米
納豆、ちりめんじゃこ

夜:
白米
豚肉とレタスの生姜焼き
大根とブロッコリースプラウトのサラダ
豆腐とわかめの味噌汁


■運動
スクワット15回
かかとあげ30回
腕立て10回

■体重
前日より増減0kg 目標体重に対して-0.2kg

■間食
スコーン


【6月1日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×1 プレドニン15mg    タクロリムス3mg
朝:プラケニル200mg×1  プレドニン15mg
夜:タクロリムス3mg


■食事
朝:
いちごジャムトースト

昼:
タコライス (豚挽肉、玉ねぎ、レタス、ミニトマト、トルティーヤチップス、チーズ)

夜:
白米
焼鮭 野菜の千切りスープ(にんじん、きゃべつ、じゃがいも)添え
ほうれん草とじゃこの胡麻和え
ベビーリーフとブロッコリーのサラダ
油揚げとナスと小松菜の味噌汁


■運動
おやすみ

■体重
前日より-0.2kg 目標体重に対して-0.2kg

■間食
高カカオチョコレート

☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

血小板減少、イムランやめてタクロリムスへ ルッコラの日常 5月19日〜25日

カテゴリ:
あっという間に週半ば。今週も淡々と。
火曜日は約1ヶ月ぶりの診察へ。血液検査と尿検査をして1時間後くらいに主治医の診察です。
一番気にかけていた血小板は、前回よりまた下がっていました。

血小板数
9.1万個/ul(5月25日)
※基準値15.8〜34.8×10^3/ul

※詳しい検査結果は下部へ記載


前回は、
・迷う薬は使わない
・日本での生活が落ち着いてきたら、回復するかも
という考えで、ベンリスタの使用を見送り、とくに薬の服用量も変更しませんでした。


しかし、今回、急激な減少でないものの、下がっているのでやはり何かしなくては、となりました。
免疫抑制剤を変更してみよう、ということで、

・イムランを服用停止
・タクロリムスを服用開始
・一時的にプレドニンを10mg→15mgへ増量

することにしました。

タムロリムスについて


薬を変更する場合、万が一効果がなかったときに、血小板がどんどん減少してしまうとまずいので、一時的にプレドニンを増量して、2週間後に検査します。効果が期待できると判断すれば、プレドニンを減量していきます。

あれれ、前回、「腎臓の機能に異常がないので、厳密にいうと、保険適用で、処方できるのが、プレドニン、イムラン、プラケニル、ベンリスタのみ」って聞いていた気がするけど、錠剤も処方できるの?
私の聞き間違い?勘違い?と思ったのですが、自分にとって都合がいいときは、つっこまないのが私流(笑)スルーしてみました。

主治医はやはり、副作用の少なさ、期待できる効果を考えるとベンリスタがおすすめ、とのことでしたが、私は持ち運びと冷蔵庫保管が面倒、という気持ちが変わらず、まずは錠剤で試してみたいと思います。


4月末に体調を崩したときに、近所にかかりつけ医が欲しいと相談したら、紹介可能とのことでした。こちらで希望の病院をピックアップして、次回に具体的にお願いしようと思います。


【血小板】
■2021年
9.1万個/ul(5月25日)
10.0万個/ul(4月15日)
12.8万個/ul(4月1日)←ここから日本の病院
7.9万個/ul(1月27日)←タイの病院ここまで
8.9万個/ul(1月6日)

■2020年
7.5万個/ul(12月2日)
9.0万個/ul(11月4日)
8.0万個/ul(9月9日)
9.1万個/ul(7月15日)
13.5万個/ul(5月20日)
13.5万個/ul(3月17日)
9.0万個/ul(1月14日)

■2019年
10.7万個/ul(12月24日)←健康診断
14.5万個/ul(10月22日)
8.9万個/ul(8月13日)
8.0万個/ul(5月28日)
9.6万個/ul(4月2日)
10.0万個/ul(1月29日)

■2018年
17.4万個/ul(11月6日)
26.1万個/ul(9月11日)
※確認中(7月17日)
14.1万個/ul(5月30日)
12.0万個/ul(4月3日)
18.2万個/ul(1月9日)

■2017年
17.0万個/ul(12月12日)
21.5万個/ul(10月17日)
22.0万個/ul(8月29日)
25.7万個/ul(8月1日) 
25.4万個/ul(7月4日)  
25.9万個/ul(6月6日) 
24.5万個/ul(5月3日) 
18.7万個/ul(4月4日)
17.2万個/ul(3月7日)
15.5万個/ul(2月7日) 
8.4万個/ul(1月10日)

■2016年
12.2万個/ul(12月6日)
24.6万個/ul(11月8日) 
28.7万個/ul(10月11日)
28.2万個/ul (9月13日) 
※基準値 15万個〜45万個/ul

【尿検査】 

■2021年
異常なし(5月25日)
異常なし(4月15日)
異常なし(1月27日)
異常なし(1月6日)

■2020年
異常なし(12月2日)
異常なし(11月4日)
異常なし(9月9日)
異常なし(7月15日)
異常なし(5月20日)
検査なし(3月17日)
異常なし(1月14日)

■2019年
タンパク 1+
白血球+1
WBC 50-100 cells/HPF
バクテリア 2+
粘液糸 2+
(10月22日)

検査見送り(8月13日)
異常なし(5月28日)
異常なし(4月2日)
異常なし(1月29日)

■2018年
検査なし(1月9日、4月3日、5月30日、7月17日、9月11日、11月16日)

■2017年
検査なし(12月12日)
異常なし(10月17日)
検査なし(8月29日)
検査なし(8月1日)
異常なし(7月4日)
検査なし(6月6日)
検査なし(5月3日) 
検査なし(4月5日) 
検査なし(3月7日) 
検査なし(2月7日) 
検査なし(1月10日)

■2016年
検査なし(12月6日)
タンパク 1+(11月8日)
タンパク 1+、潜血わずか(10月11日)
異常なし(9月13日) 


【C3/C4】
■2021年
C3:70.0mg/dl(4月15日)
C3:71.0mg/dl(4月15日)
C3:77.8mg/dl(1月27日)
C3:77.7mg/dl(1月6日)

■2020年
C3:74.8mg/dl(12月2日)
C3:90.2mg/dl(11月9日)
C3:90.2mg/dl(9月9日)
C3:84.1mg/dl(7月15日)
C3:79.4mg/dl(5月20日)
C3:77.4mg/dl(3月17日)
C3:80.1mg/dl(1月14日)

■2019年
C3:86.2mg/dl(10月22日)
C3:83.5mg/dl(8月13日)
C3:78.2mg/dl(5月28日)
C3:83.0mg/dl(4月2日)
C3:70.5mg/dl(1月29日)

■2018年
C3:75.4mg/dl(11月6日)
C3:89.5mg/dl(9月11日)
C3:74.4mg/dl(7月17日)
C3:77.7mg/dl(5月30日)
C3:70.0mg/dl(4月3日) 
C3:71.6mg/dl(1月9日)

■2017年
C3:70.0mg/dl(12月12日)
C3:69.8mg/dl(10月17日)
C3:75.4mg/dl(8月29日)
C3:75.4mg/dl(8月1日)
C3:71.4mg/dl(7月4日)
C3:85.8mg/dl(6月6日)
C3:77.0mg/dl(5月3日)  
C3:73.5mg/dl(4月5日)  
C3:80.9mg/dl(3月7日)  
C3:73.4mg/dl(2月7日) 
C3:74.9mg/dl(1月10日)

■2016年
C3:69.6mg/dl(12月6日)
C3:64.8mg/dl(11月8日)
C3:72.3mg/dl(10月11日)
C3:63.3mg/dl(9月13日)
※基準値:83.0〜193.0 

■2021年
C4:7.0mg/dl(5月25日)
C4:8.0mg/dl(4月15日)
C4:10.7mg/dl(1月27日)
C4:9.3mg/dl(1月6日)

■2020年
C4:9.0mg/dl(12月2日)
C4:10.5mg/dl(11月4日)
C4:12.9mg/dl(9月9日)
C4:11.7mg/dl(7月15日)
C4:11.1mg/dl(5月20日)
C4:8.8mg/dl(3月17日)
C4:12.2mg/dl(1月14日)

■2019年
C4:12.9mg/dl(10月22日)
C4:10.7mg/dl(8月13日)
C4:8.9mg/dl(5月28日)
C4:9.7mg/dl(4月2日)
C4:9.6mg/dl(1月29日)

■2018年
C4:10.6mg/dl(11月6日)
C4:12.2mg/dl(9月11日)
C4:10.0mg/dl(7月17日)
C4:9.5mg/dl(5月30日)
C4:7.7mg/dl(4月3日)
C4:8.0mg/dl(1月9日)

■2017年
C4:8.3mg/dl(12月12日)
C4:8.7mg/dl(10月17日)
C4:10.0mg/dl(8月29日)
C4:11.7mg/dl(8月1日)
C4:10.9mg/dl(7月4日)
C4:14.9mg/dl(6月6日)
C4:11.6mg/dl(5月3日)
C4:11.1mg/dl(4月5日)
C4:13.0mg/dl(3月7日)
C4:11.7mg/dl(2月7日)
C4:10.7mg/dl(1月10日) 

■2016年
C4:10.9mg/dl(12月6日) 
C4:9.5mg/dl(11月8日)
C4:9.4mg/dl(10月11日)
C4:8.7mg/dl(9月13日)
※基準値:15.0〜17.0



ヘモグロビン濃度  
■2021年
12.4gm/dl(5月25日)
12.6gm/dl(4月15日)
13.2gm/dl(1月27日)
12.3gm/dl(1月6日)

■2020年
11.8gm/dl(12月2日)
13.4gm/dl(11月4日)
12.7gm/dl(9月9日)
13.5gm/dl(7月15日)
12.4gm/dl(5月20日)
12.3gm/dl(3月17日)
12.2gm/dl(1月14日)

■2019年
12.3gm/dl(10月22日)
12.6gm/dl(8月13日)
12.9gm/dl(5月28日)
12.6gm/dl(4月2日)
11.9gm/dl(1月29日)

■2018年
11.4gm/dl(11月6日)
11.9gm/dl(9月11日)
11.9gm/dl(7月17日)
12.6gm/dl(5月30日)
11.3gm/dl(4月3日)
12.8gm/dl(1月9日)

■2017年
12.2gm/dl(12月12日)
11.7gm/dl(10月17日)
11.8gm/dl(8月29日) 
11.9gm/dl(8月1日) 
12.2gm/dl(7月4日)  
12.4gm/dl(6月6日)  
12.7gm/dl(5月3日)  
12.0gm/dl(4月5日) 
12.8gm/dl(3月7日) 
11.6gm/dl(2月7日)
11.4gm/dl(1月10日)

■2016年 
11.8gm/dl(12月6日)  
11.4gm/dl(11月8日) 
12.1gm/dl(10月11日)
10.6gm/dl(9月13日)
※基準値:12.00〜16.00 

白血球  
■2021年
5.4×10^3/ul(5月25日)
5.7×10^3/ul(4月15日)
5.0×10^3/ul(1月27日)
5.2×10^3/ul(1月6日)

■2020年
2.6×10^3/ul(12月2日)
3.6×10^3/ul(9月9日)
4.1×10^3/ul(9月9日)
3.6×10^3/ul(7月15日)
3.7×10^3/ul(5月20日)
3.1×10^3/ul(3月17日)
3.3×10^3/ul(1月14日)

■2019年
2.7×10^3/ul(12月24日)←健康診断
3.2×10^3/ul(10月22日)
3.1×10^3/ul(8月13日)
4.3×10^3/ul(5月28日)
3.5×10^3/ul(4月2日)
3.0×10^3/ul(1月29日)

■2018年
4.2×10^3/ul(11月6日)
3.3×10^3/ul(9月11日)
2.6×10^3/ul(7月17日)
2.8×10^3/ul(5月30日)
3.2×10^3/ul(4月3日)
3.1×10^3/ul(1月9日)

■2017年
3.0×10^3/ul(12月12日) 
3.4×10^3/ul(10月17日) 
3.0×10^3/ul(8月29日) 
3.2×10^3/ul(8月1日) 
3.3×10^3/ul(7月4日) 
3.9×10^3/ul(6月6日) 
3.7×10^3/ul(5月3日) 
3.4×10^3/ul(4月5日)    
3.4×10^3/ul(3月7日)    
3.2×10^3/ul(2月7日)   
3.0×10^3/ul(1月10日)  

■2016年
3.1×10^3/ul(12月6日) 
3.1×10^3/ul(11月8日)
2.9×10^3/ul(10月11日)
4.0×10^3/ul(9月13日)
※基準値:4.5×10^3/ul〜10.0×10^3/ul

【薬の服用量の増減】
プラケニル200mg×1200mg×2を隔日服用を維持
イムラン錠50mg×2を毎日服用を維持→服用停止
プレドニン10mgを毎日服用を維持→15mgへ増量
タクロリムス3mgを服用開始



【5月25日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg×2 プレドニン10mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg プレドニン10mg
夜:イムラン50mg


■食事
朝:
いちごジャムトースト

昼:
白米
納豆、ちりめんじゃこ、梅干し

夜:
白米
麻婆ナス(豚挽肉、ナス、ピーマン)
もやし、ハム、きゅうりのナムル
キャベツと落とし卵の味噌汁


■運動
休み

■体重
未測定

■間食
チョコレート


【5月24日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×1 イムラン50mg×2 プレドニン10mg
朝:プラケニル200mg×1 イムラン50mg プレドニン10mg
夜:イムラン50mg


■食事
朝:
いちごジャムトースト
ヨーグルト(いちご、チアシード、はちみつ)

昼:
※カフェで
ホットドッグとキャロットケーキをシェア
カフェラテ

夜:
白米
鶏手羽元と大根の煮物
ほうれん草のおひたし
ベビーリーフとアボカドとミニトマトのサラダ


■運動
さぼり

■体重
目標体重より-0.1kg

■間食
チョコレート


【5月23日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg×2 プレドニン10mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg プレドニン10mg
夜:イムラン50mg


■食事
朝:
ミートソーストースト

昼:
※屋外でピクニック
からあげ、ぎょうざ、おにぎり
スナック菓子

夜:
※外食
ラーメン

■運動
さぼり

■体重
未測定

■間食
なし


【5月22日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×1 イムラン50mg×2 プレドニン10mg
朝:プラケニル200mg×1 イムラン50mg プレドニン10mg
夜:イムラン50mg


■食事
朝:
いちごジャムトースト
ヨーグルト(キウイ、チアシード、はちみつ)

昼:
冷やし中華(卵、ハム、きゅうり、トマト)

夜:
ミートソースのパスタ(ひき肉、玉ねぎ、にんじん、しいたけ、オレガノ、トマト缶)
水菜とハムのサラダ

■運動
さぼり

■体重
前日より増減0 目標体重より-0.1kg

■間食
チョコレート


【5月21日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg×2 プレドニン10mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg プレドニン10mg
夜:イムラン50mg


■食事
朝:
バナナ

昼:
白米
肉じゃが
じゃこピーマン
※前日の残りもので楽ちんに♪

夜:
白米
鮭の南蛮漬け(鮭、ピーマン、にんじん、玉ねぎ)
ほうれん草の胡麻和え
サラダ(ベビーリーフ 、ゆで卵、ミニトマト)
さといもとにんじんと小ネギの味噌汁

ビール×1

■運動
さぼり

■体重
目標体重より0.1kg減

■間食
チョコレート、アイス


【5月20日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×1 イムラン50mg×2 プレドニン10mg
朝:プラケニル200mg×1 イムラン50mg プレドニン10mg
夜:イムラン50mg


■食事
朝:
いちごジャムトースト

昼:
そば

夜:
白米
肉じゃが(豚肉、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん)
じゃこピーマン
コールスロー
油揚げと大根とわかめの味噌汁


■運動
さぼり

■体重
測定を失念

■間食
チョコレート


【5月19日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg×2 プレドニン10mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg プレドニン10mg
夜:イムラン50mg


■食事
朝:
いちごジャムトースト

昼:
カレー(残りもの)

夜:
白米
タンドリーチキン ベビーリーフ 、ミニトマト
コールスロー(キャベツ、ハム)
えのきと小松菜の味噌汁


■運動
スクワット30回
かかとあげ30回
腕立て20回

■体重
目標体重に対して+0.4kg

■間食
チョコレート

☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ベンリスタを見送りに ルッコラの日常 4月19日〜21日

カテゴリ:
1週間ぶりに病院に行ってきました。
結果、ベンリスタの使用は見送りに、薬の服用は、

・プラケニル200mg2錠と1錠を隔日に
・イムラン50mg×2錠(朝晩1錠ずつ)
・プレドニンは10mg(5mg×2錠)

を維持することにしました。


今回、先生にした質問はこちら。

Q:ベンリスタは、半永久的に投与していくものか
A:やめられる人が多い
半年くらいで効果が出て、やめられる人も多い。
効果が出る期間には個人差があるが、効果が出てやめた人が多い。
効果が出なくて止める人もいる。


Q:率直にいうと、管理面では、注射より錠剤の方が楽なので、選択肢があれば錠剤にしたい。

A:腎臓の機能に異常がないので、厳密にいうと、保険適用で、処方できるのが、プレドニン、イムラン、プラケニル、ベンリスタのみ。
(※同じSLEでもループス腎炎の症状があるかどうかで、保険適用で処方できる薬が異なるそうです。)
イムラン、プラケニルは現時点で最大量を服用しているので、これ以上増やせない。


そして、先生の提案としては
・迷いがある薬はやめておく
・日本で生活が落ち着けば、血小板も落ち着くかも(過去には、もっと少ない薬量で落ち着いていた経緯もあるので)

だったので、様子見、ベンリスタの投与は見送りとしました。

前回、前々回の検査結果からすると、血小板は、下がりそうだなぁ、とも思ったのですが、今日はまだ迷いがあったのと、今の血小板数は危機的な数値でもなく、まだ、保留にする余裕がある、と思って様子を見ることにしました。

ただ、私は頑なにベンリスタを使いたくないわけではなくて、この先、やはり必要であれば、使ってみたいということは伝えておきました。次回の診察(5月後半の予定)で、検査結果をみて、もう一度、検討したいと思います。

最後に先生が「他に何か質問はありますか?」と優しい口調で聞いてくださいました。
辛さの1ミリもない、なんと、マイルドな対応なんでしょう!!

なんだか、ほっとして帰ってきましたよ。


【4月21日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg×2 プレドニン10mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg プレドニン10mg
夜:イムラン50mg


■食事
朝:
バター&はちみつトースト

昼:
白米
納豆、しらす、梅干し

夜:
スンドゥブチゲ(豚肉、卵、ネギ)
白米
※ひとりご飯は副菜なしで楽ちんに

■運動
『世界で一番楽な筋トレ&有酸素運動で全身10種目の10分間』
『自宅で出来る10分筋トレ(初級編)』

■体重
前日より1.2kg  目標体重に対して+1.2kg
※ピタリ賞は幻だったか。。。

■間食
なし


【4月20日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×1 イムラン50mg×2 プレドニン10mg
朝:プラケニル200mg×1 イムラン50mg プレドニン10mg
夜:イムラン50mg


■食事
朝:
あんバタートースト
バナナ

昼:
照り焼きチキン&卵サンド
スムージー (バナナ、りんご、オレンジ、種なしぶどう、ほうれん草)

夜:
ラグーソース(牛ひき肉、玉ねぎ、セロリ、トマト缶、オレガノ)のパスタ
アヒージョ(マッシュルーム 、アンチョビ 、にんにく、オリーブオイル)
サラダ(ルッコラ、ミニトマト、きゅうり、種なしぶどう、カッテージチーズ)


■運動
『世界で一番楽な筋トレ&有酸素運動で全身10種目の10分間』
『自宅で出来る10分筋トレ(初級編)』

■体重
前日より-1.0kg  目標体重に対して±0kg
※久々、目標体重にピタリ賞!

■間食
乾燥いも


【4月19日】
■薬
◎1日の薬量:プラケニル200mg×2 イムラン50mg×2 プレドニン10mg
朝:プラケニル200mg×2 イムラン50mg プレドニン10mg
夜:イムラン50mg


■食事
朝:
アスパラ&目玉焼きトースト

昼:
カレーパン←テイクアウト
スムージー (いちご、バナナ、りんご、種なしぶどう)

夜:
白米
さばのみりん干し
しらすと小ねぎの卵焼き
かぶとブロッコリーと水菜のサラダ
白菜キムチ
じゃがいもと玉ねぎとアスパラの味噌汁

メロン


■運動
『世界で一番楽な筋トレ&有酸素運動で全身10種目の10分間』
『自宅で出来る10分筋トレ(初級編)』

■体重
目標体重に対して+1.0kg

■間食
乾燥いも


☆★ランキングに参加中★☆
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ

見出し画像
×