カテゴリ

カテゴリ:入院生活

入院48日目 8月31日 そして退院

カテゴリ:
午前中の血液検査の結果、退院出来ることになった!!!
先週、先生が、検査結果を見てから月曜日にでも・・・なんておっしゃっていたが。
ん?でも、週末は先生いないし、検査結果を見てからの当日退院は、手続き上も難しいかな、最短でも明日かな。。。なんて思っていたので嬉しい。

退院が決まった瞬間、心は小躍りしていたが、あくまで冷静に「ありがとうございます。お世話になりました。」とクールにかましてみたw


■薬
◎1日の薬量:プレドニン35mg ランソプラゾールOD錠15mg ダイフェン配合顆粒0.5g マグラックス錠330mg×3 クレストール錠2.5mg×2  プルセニド錠12mg  ボナロン錠35mg

起床時:ボナロン錠35mg
朝:プレドニン20mg ランソプラゾールOD錠15mg ダイフェン配合顆粒0.5g マグラックス錠330mg
昼:プレドニン15mg マグラックス錠330mg 
夜:マグラックス錠330mg クレストール錠2.5mg×2
眠る前:プルセニド錠12mg


■食事
◎1日1,800kcal
タンパク質 80g
脂質    50g
炭水化物  250g
IMG_7802
朝:
食パン2枚 マーガリン
帆立のバジル炒め
みかん缶詰
ヨーグルト
※マーガリンは、持ち込みのマーマレードに置き換え
※みかんの缶詰は、持ち込みのリアルみかんに置き換え
ここで、念願の・・・病院食とのお別れ!!

596660
昼:
アボカドバーガー
ポテト
コーラ
※日頃、バーガー熱は高い方ではないのだが、味の濃いものを食べたくなって、つい。退院あるあるだろうか。
バンズも香ばしくて美味しい♪

夜:
出雲蕎麦
出し巻き卵
蓮根の海老はさみ揚げ
※夜はヘルシーに♪


■運動
腹筋 0回
足上げ 0回
かかと上げ 0回
スクワット 0回
※退院で浮かれて、失念


■間食
みかん×1
ドライフルーツ&ナッツ


■検査結果
【血液1μl中の血小板数の推移】
3.7万個(入院時)→10.5万個(7月21日)→17.1万個(7月23日)→27.6万個(7月27日)→28.1万個(7月30日)→27.0万個(8月3日)→25.4万個(8月6日)→21.1万個(8月10日)→21.9万個(8月13日)→20.6万個(8月17日)→21.8万個(8月24日)→20.5万個
※7月16日からプレドニン50mgを飲み始め、8月13日からプレドニン40mgへ減量→8月27日からプレドニンを35mgへ減量。


【LDLコレステロール値の推移】
107(7月15日入院時)→146(7月21日)→192(7月27日) →180(8月3日)→168(8月10日)→191(8月17日)→200(8月24日)→180
※7月27日から、コレステロール値を抑えるべく、クレストール錠2.5mgを飲み始めている。
高い数値のままのため、8月27日からクレストール錠2.5mgを2錠に増量。

【血糖値】
90 (7:00朝食前)
※測定ここまで

【体重】
前回の測定より0.3kg増

【尿検査】
異常なし

 
【退院の判断と退院後について】
血小板の数値が安定してきたので、予定より2週間早めて退院へ。
通常、退院にはプレドニンの服用量30mg台を切ってからにすることが多いが、年齢やその他の内蔵の症状が出ていないことから、退院の判断。
プレドニンの服用量35mgは、多い服用量ではあるので、感染症に注意。
人混みは避けて、外出時はマスクを。紫外線を避け、日焼け止めと日傘の活用を。
外来は2週間後。それまでは、病院での生活のように、体力的に無理のない生活をして療養を。


もう二度と入院生活はしたくないので、きちんと療養したいと思う。

入院47日目 8月30日

カテゴリ:
22:00〜3:00と5時間通しで眠れた!3:00〜4:00読書。4:00〜5:30ウトウトして、5:30〜はデイルームへ。プレドニンの量が減って、ハイな状態ではなくなったのか、夕方も1時間くらい昼寝をしてしまった。
が、まずまず体調はよい。顔のむくみは相変わらず・・・。

■薬
◎1日の薬量:プレドニン35mg ランソプラゾールOD錠15mg ダイフェン配合顆粒0.5g マグラックス錠330mg×3 クレストール錠2.5mg×2  プルセニド錠12mg  

朝:プレドニン20mg ランソプラゾールOD錠15mg ダイフェン配合顆粒0.5g マグラックス錠330mg
昼:プレドニン15mg マグラックス錠330mg 
夜:マグラックス錠330mg クレストール錠2.5mg×2
眠る前:プルセニド錠12mg

※相変わらず、お通じが本調子ではないが、コロコロうんちからの脱却の予感が若干(笑)

■食事
◎1日1,800kcal
タンパク質 80g
脂質    50g
炭水化物  250g
IMG_7788
朝:
食パン2枚 イチゴジャム
チキンポトフ
白桃缶詰
ヨーグルト
IMG_7789
昼:
中華カニ玉
里芋の含煮
ヒジキ炒め煮
ワカメスープ
IMG_7791
夜:
魚のちゃんちゃん焼き
大豆と豚肉の煮物
しば漬け
みぞれ汁


■運動
腹筋30回
足上げ20回
かかと上げ30回
スクワット30回


■間食
バナナ←朝食の缶詰と置き換え
ミルクパン←朝食のパンと置き換え
ドライプルーン×2
ドライいちじく×1
トマト×2
みかん×1
ぶどう
ビスケット×2枚
アイスカフェラテ
カフェモカ
※間食がアグレッシブw。

日曜は、検査や回診がないので、マイペース。お見舞いに来た姉貴とのおしゃべりが癒しだ。 

入院46日目 8月29日

カテゴリ:
相変わらず細切れだが、前半に連続3時間で眠れたので身体がラク。

夜勤担当の看護師さんに「あれ?顔がむくんだ?」と言われ、日中担当の看護師さんにも「歯医者いつでしたっけ?痛いです?(腫れているよ?)」と言われた。ぎょえ!?気づかなかったけど、顔、浮腫んでいるのか。。。ショック!!
実は、歯の治療後、しみるのも気になっていた。痛みはなく、歯茎も腫れている様子はないけれど。来週の診察で先生に相談してみよ。
顔のむくみは、歯ではなくステロイドの影響でムーンフェイスかな。

■薬
◎1日の薬量:プレドニン35mg ランソプラゾールOD錠15mg ダイフェン配合顆粒0.5g マグラックス錠330mg×3 クレストール錠2.5mg×2  プルセニド錠12mg  

朝:プレドニン20mg ランソプラゾールOD錠15mg ダイフェン配合顆粒0.5g マグラックス錠330mg
昼:プレドニン15mg マグラックス錠330mg 
夜:マグラックス錠330mg クレストール錠2.5mg×2
眠る前:プルセニド錠12mg

■食事
◎1日1,800kcal
タンパク質 80g
脂質    50g
炭水化物  250g

IMG_7788
朝:
食パン2枚 マーガリン
野菜炒め
マンゴー缶詰
ヨーグルト
IMG_7789
昼:
サワラの塩焼き
昆布の煮物
山芋のなめこ酢物
味噌汁
IMG_7791
夜:
おろしハンバーグ しめじの酒炒り
フキおかか煮
サラダ
オニオンスープ


■運動
腹筋30回
足上げ20回
かかと上げ30回←気分的にサボりwと思っていたが、入浴後に思い直して実行
スクワット30回←気分的にサボりwと思っていたが、入浴後に思い直して実行


■間食
バナナ←朝食の缶詰と置き換え
ぶどう
ドライプルーン×2
ドライいちじく×1
アイスカフェラテ
トマト×2
メロンパン←朝食の食パンと置き換え
フォカッチャ←昼食のお米と置き換え
オリーブパン←夕食のお米と置き換え
※パン食べ過ぎか(汗)

土曜だけれども、主治医の先生の軽い問診があった。8月27日にプレドニンを35mgに減らしたけれど、週明けの血液検査で問題なければ、来週に退院。当面は2週間に1度の外来で対応とのこと。
予定より2週間、入院期間を短縮出来そうな予感だ!!月曜の検査が待ち遠しい。

夫の転勤先(海外)への引っ越しに関しては、プレドニンの量が25mgくらいに出来れば考えてもよさそうだが、出来れば15mgの量に減らしてからが望ましいと先生より。渡航することになったら、紹介状や診断書は用意してくれるそう。

通院のペースが3ヶ月に1回くらいになれば、病院はこちらにかかったまま、行き来するのもいいかなーとも考えている。
まあ、年内はこちらにいた方が安心じゃないですか、ということで私もそれには納得。焦らずにいかないと。
 

■読書メモ
翻訳教室』 著:柴田 元幸
51+CeED51yL
 入院時に持ち込んだ本。すごく面白くて夢中で読んだ。

内容は、東大文学部の翻訳演習の内容を文字化したものだ。
予め課題として出されたレイモンド・カーヴァーやレベッカ・ブラウンなどの作品の原文と学生訳文を照らし合わせながら、原文のニュアンスや的確な訳文を学生と柴田氏が徹底的に議論する。

私の英語力では議論の的となっている問題についていけてない場面も多々なのだが(汗)柴田氏の翻訳者としてのこだわりやルール、学生達が柴田氏に向けて遠慮なく意見している様子などが楽しい。かえって日本語について考えることになったりもする。

そして私自身、かつて英文学に夢中だったことを思い出した。また、懐かしい本を広げて読んでみたい。

 

入院45日目 8月28日

カテゴリ:
23:00〜1:00、2:00〜3:00、3:30〜4:00と眠って、5:00からデイルームへ。
1:00過ぎから隣のベッドに入院があったり(←後にモンスター患者な人だと判明)、前にも触れた「おーい、おーい!この野郎!!」と叫ぶおじいさんが3:00過ぎから騒ぎだし、いつにも増して声が大きかったりとか、賑やかな夜だった。

 ■薬
◎1日の薬量:プレドニン35mg ランソプラゾールOD錠15mg ダイフェン配合顆粒0.5g マグラックス錠330mg×3 クレストール錠2.5mg×2  プルセニド錠12mg  

朝:プレドニン20mg ランソプラゾールOD錠15mg ダイフェン配合顆粒0.5g マグラックス錠330mg
昼:プレドニン15mg マグラックス錠330mg 
夜:マグラックス錠330mg クレストール錠2.5mg×2
眠る前:プルセニド錠12mg

■食事
◎1日1,800kcal
タンパク質 80g
脂質    50g
炭水化物  250g

IMG_7783
朝:
食パン2枚 リンゴジャム
チャウダー
黄桃缶詰
ヨーグルト
IMG_7784
昼:
鶏肉のゴマ風味焼き
茄子の香味和え
うぐいす豆煮
野菜椀
IMG_7786
夜:
さんまのおかか煮 絹サヤ付け合わせ
鶏じゃが煮付
モロヘイヤおひたし
味噌汁


■運動
腹筋30回
足上げ20回
かかと上げ30回
スクワット30回


■間食
バナナ←朝食の缶詰と置き換え
ドライプルーン×3
ドライいちじく×1
トマト×2
アイスカフェラテ
いちじく(生)×2
フォカッチャ←昼食の米と置き換え
くるみパン←夕食の米と置き換え  

※間食多め。パンは、コレステロール値を意識して、デニッシュ系を避けてみた。 

入院44日目 8月27日

カテゴリ:
消灯時間21:30だけれども、スマホで1時間ドラマを観てから寝てみた。少しでも朝が近くなるようにw。相変わらず、細切れ睡眠だけれども、ちょっと気分が変わったかな。
歯医者受診の為、午後は数時間外出で、これまた気分転換に♪

■薬
◎1日の薬量:プレドニン35mg ランソプラゾールOD錠15mg ダイフェン配合顆粒0.5g マグラックス錠330mg×3 クレストール錠2.5mg×2  プルセニド錠12mg  

朝:プレドニン20mg ランソプラゾールOD錠15mg ダイフェン配合顆粒0.5g マグラックス錠330mg
昼:プレドニン15mg マグラックス錠330mg 
夜:マグラックス錠330mg クレストール錠2.5mg×2
眠る前:プルセニド錠12mg

※プレドニン40mg→35mgへ。クレストール錠2.5mg×1→2.5mg×2へ。


■食事
◎1日1,800kcal
タンパク質 80g
脂質    50g
炭水化物  250g

IMG_7779
朝:
食パン2枚 マーガリン
豆のカッスーレ煮
りんご缶詰
ヨーグルト
IMG_7780
昼:
マーボー豆腐
青梗菜カニ庵かけ
ワカメスープ
フルーツムース
IMG_7781
夜:
メバルの生姜焼き 絹サヤ付け合わせ
切り干し大根煮付
菜花のごまソース和え
鶏汁(味噌)


■運動
腹筋30回
足上げ20回
かかと上げ30回
スクワット30回


■間食
バナナ←朝食の缶詰と置き換え
ドライプルーン×2
ドライいちじく×1
アイスカフェラテ
ジェラード
ポテトチップス10枚くらい
ビスケット2枚 


歯医者の受診のため、外出。8月11日に取った型があがってきたので、今回つめに。
前回応急処置はしたし、何度も外出も微妙だから詰めるのは退院後でもいいかなーなんて思っていたけれど、先生いわく、感染症も心配だから早めに治療を完了した方がよいとのことで、受診。

治療が終わって安心した。歯医者さんからは後日、噛み合わせのチェックを改めてした方がよいとのことで、それは退院後でもよいと考えている。


本来、入院中に別の医療機関を受診する場合には、保険料の都合上、一旦退院しないといけないのだとか。6月の検査入院の時、血液の病気の疑いが出て、今の入院先で出来ない検査をするべく一旦退院をした、という経緯もある。歯医者はそれに該当しないということで、外出して受診&精算ということになった。

その場合でも、入院先からのフォローはある。一度目の受診のときに、入院先の主治医から病状を説明する書面が用意され、歯医者の方で確認する。私の場合は、血小板減少があるので、出血には注意しなければならない。診察・施術が終了後、歯医者で用意された書面を主治医に提出した。

このページのトップヘ

見出し画像
×